grape [グレイプ]

「ピンポーン!」35歳男性が自宅のドアを開けると、女子大生が…「それって危なくない?」

By - grape編集部  作成:  更新:

Share Tweet LINE

※写真はイメージ

春は新生活の季節。

高校や大学に進学する新入生や、社会に飛び出して行く新社会人など、多くの人が新しい環境での生活をスタートさせます。

※写真はイメージ

中には、地元を出て東京などの首都圏で働いたり、学校に通ったりする人もいるでしょう。

もし、引越しをしたら、あなたは隣の部屋に『引越しの挨拶』に行きますか?

ひと昔前は『引越しの挨拶』は、マナーでした。

現在でも、分譲マンションや一戸建てを購入し、家族で引越しをする人などは当たり前のように『引越しの挨拶』をするでしょう。

しかし、賃貸のアパートやマンションで、しかも女性の一人暮らしの場合、『引越しの挨拶』はすべきなのでしょうか…。

賃貸マンションに引っ越してきた女子大生が…

35歳で既婚者の男性。子どもはいないため、妻と2人で賃貸マンションに住んでいます。

夫婦が住むマンションは、部屋によって間取りが異なる構造。夫婦が住む部屋は2LDKですが、同じ階には1Kや1DKといった間取りの部屋もあります。

とある日曜日、男性が自宅でくつろいでいるとインターホンが鳴ります。

隣に引っ越してきた中島(仮名)です。

ご挨拶に来ました。

どうやら隣の部屋に、女性が引越してきたようです。

「ずいぶん礼儀正しい人だな」と思いながら、男性はドアを開けます。

すると…。

※写真はイメージ

10代にしか見えない女子大生!

聞けば、大学に通うために東北から上京したばかりだという女子大生が、地元のお菓子を持って立っていました。

男性は「いいご両親に育てられたのだろう」と思いつつも、「この物件には一人暮らしの男性もいるし、挨拶は危ないのでは?」と心配になったといいます。

「女子大生を安心させてあげよう」と考えた男性は「ウチは妻と住んでいますので何かあったら声をかけてください」と伝え、手土産のお礼をいってドアを閉めました。

ただの礼儀正しい子?

一連の出来事を会社の同僚に伝えたところ、人によって考えはさまざまでした。

●引越しの挨拶に肯定的な意見

・考えすぎ。ただの礼儀正しい女の子じゃない!

・親御さんの教育がいいんだね。いま時、珍しいちゃんとした子だよ。

●引越しの挨拶に否定的な意見

・かなり危ないよ、それ!注意してあげればよかったのに…。

・物騒な事件をニュースで見ることもあるからね。賃貸では、あまりオススメできないマナーかな。

この女子大生が生まれ育った地元では、『引越しの挨拶』は当然のマナーだったのでしょう。

「引越して来ました。よろしくお願いします」と伝えるだけで、その後のコミュニケーションはスムースになります。

とはいえ、都心の賃貸物件では「隣に誰が住んでいるかなんて知らない」というのが当たり前。「女性が住んでいる」と知って、よからぬことを考える…そんな人がいないとはいい切れません。

男兄弟がいれば一緒に行ってもらったり、両親同伴で挨拶に行ったり…「1人で住んでいる」ということが分からないように工夫したほうがよさそうです。


[文・構成/grape編集部]

出典
Twitter

Share Tweet LINE