grape [グレイプ]

古舘伊知郎の若い頃がスゴかった! 息子は「コネと言われて・・・」

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

古舘伊知郎

古舘伊知郎(ふるたちいちろう)さんはアナウンサーとしてデビューし、『古舘節』と呼ばれる独特の語りかたが人気の日本を代表する話し手です。

スポーツ実況でブレイクし、その後、ニュース番組『報道ステーション』(テレビ朝日系)のメインキャスターを12年務めました。

現在はタレント活動や舞台など、幅広い分野で活躍しています。

ここでは、古舘伊知郎さんが出演した番組や、家族のこと、現在の活動についてなど、さまざまな情報をご紹介します。

古舘伊知郎の出演番組

古舘伊知郎さんといえば、前述のとおり、『報道ステーション』のメインキャスターを2004年から2016年まで12年にわたって務めていたことが有名です。番組の顔としてさまざまな人々の視点を分かりやすく伝えました。

産経ニュースによると、古舘伊知郎さんは最後の出演の際に、番組への思いをこう語っています。

「そういう意味で、私は12年間やらせてもらった中で、私の中で育ててきた『報道ステーション魂』を、後任の方々にぜひ受け継いでいただいて、言うべきことは言う、多少厳しい発言でも言っておけば、間違っていれば謝る。その厳しい発言というのが、後年に、それがきっかけで議論になって、良い方向を向いたじゃないかという、そういう事柄もあるはずだと信じています」

産経ニュース ーより引用

「厳しい発言でもいわないといけない時はいう」、それが古舘伊知郎さんの『報道ステーション魂』でした。

情熱を持って番組に関わっていたことは、古舘伊知郎さんが12年間、無遅刻無欠勤で出演したということからも分かります。

『報道ステーション』を卒業した現在は、ニュース番組『ゴゴスマ』(CBCテレビ)に水曜レギュラーとして出演中です。報道番組で長年培った経験や『古舘節』をゲストとして遺憾なく発揮しています。

若い頃の実況がすごかった!

古舘伊知郎さんは、テレビ朝日にアナウンサーとして入社しました。

入社してすぐに配属されたのが、プロレスの実況。流れるような言葉に、「燃える闘魂」などオリジナルのキャッチフレーズを使った実況は、プロレスファンだけでなく多くの人に知られるようになりました。

そして古舘伊知郎さんの実況といえば、もう1つ、F1が有名です。スピード感あふれるF1のレースに、古舘伊知郎さんの高速トークがマッチしたことと、そしてドライバーにつけたニックネームがハマり、人気になりました。

ブラジル人の元F1ドライバー・アイルトン・セナのニックネーム『音速の貴公子』も、元は古舘伊知郎さんが実況中に使っていたものが一般的になったのです。

トークライブを開催

古舘伊知郎さんは『トーキングブルース』という舞台を開催しています。

舞台といっても、出演者は古舘伊知郎さん1人。『しゃべりのプロ』として、マイク1本で語るのは『人の哀しみ=ブルース』です。

報道や実況などで、世の中の変化を独自の視点で見つめてきた古舘伊知郎さん。世の中にあふれる人々の感情、怒りや哀しみ、嘆きや苦しみなどを本質から語ります。

古舘伊知郎の息子・古舘佑太郎が話題に!

古舘伊知郎さんの息子・古舘佑太郎(ふるたちゆうたろう)さんが話題になっています。

きっかけになったのが、バラエティ番組『ダウンタウンなう』(フジテレビ系)に古舘佑太郎さんが出演したこと。19歳にミュージシャンとしてメジャーデビューした古舘佑太郎さんは、周りに「親の七光り」といわれることに反論し、父親の力は借りていないことを語りました。

古舘佑太郎さんはバンド活動と並行して、役者としても活躍。2017年の連続テレビ小説『ひよっこ』(NHK)や、ドラマ『この世界の片隅に』(TBS系)にも出演して、そのマルチな才能を発揮しています。

古舘伊知郎さんとTVで共演する日も近いかもしれません。

古舘伊知郎と姉のエピソード

古舘伊知郎さんがラジオ番組『高嶋ひでたけのあさラジ!』(ニッポン放送)に出演した際に、姉に関するエピソードを語りました。

古舘伊知郎さんの姉は42歳の時に、ガンで亡くなっています。

古舘伊知郎さんはその時に思ったことをこう語りました。

それから僕が一番気になっていてライフワークにせにゃいかんと思っているのは、幼稚園から大学まで一番仲がいい友達がガンで50代で亡くなったり、僕の6つ上の姉が42歳でガンで亡くなったり、いろいろ近しい人の死を目の当たりにしたときに、しゃべり手でペラペラしゃべることを得意とする私が、病室の枕元で「また来るからね」という。

間もなく死にゆく人が何か表情で語りかけているときに、僕は楽をさせてあげるようなひと言ふた言をおかにゃあいかんのに、「元気になってよ、また来るから」と表面的な励ましで病室を後にするということが、何回もあったんです。

これってしゃべり手として僕は失格だと思うんです。

話し続けることを生業にしてきた、古舘伊知郎さん。言葉の力を信じながらも、話し手として自分がどうあるべきかと考える出来事となったようです。

古舘伊知郎の妻はどんな人?

1987年7月に結婚した、古舘伊知郎さん。妻は松尾美樹さんです。

古舘伊知郎さんがハワイに仕事で行った際に、当時JALのキャビンアテンダントとして働いていた妻に出会ったのが結婚のきっかけとのこと。

古舘伊知郎さんが『報道ステーション』に出演していた時には、不規則な時間での仕事で家に帰る時はいつも疲れ果てていたそうです。そんな中、妻の美樹さんは家のことをすべて背負い、古舘伊知郎さんを支えました。

当時は美樹さんに悩みがあっても、古舘伊知郎さんに相談することもできなかったそうです。

古舘伊知郎のインスタはある?

古舘伊知郎さんはインスタグラムのアカウントを持っています。2019年1月1日に開設されたアカウントで、初投稿は元SMAPの香取慎吾さん、草なぎ剛さん、稲垣吾郎さんとの笑顔のショットです。

現在のところ、投稿はこの1件だけのよう。今後のインスタグラムの更新を期待したいですね。

古舘伊知郎の現在・これから

古舘伊知郎さんは現在、バラエティ番組『ネーミングバラエティー日本人のおなまえっ!』(NHK)にメイン司会として出演しています。『名前』に着目して、名前が持つ意味やその思いを楽しく調べていく番組です。

また、古舘伊知郎さんは作家としても活躍中。2019年7月25日に最新の書籍が発売されます。

タイトルは『言葉は凝縮するほど、強くなる』。古舘伊知郎さんが短いフレーズでいかに面白いことをいえるかということを、自らの経験に基づいてまとめた本です。

言葉は凝縮するほど、強くなる - 短く話せる人になる! 凝縮ワード -

言葉は凝縮するほど、強くなる - 短く話せる人になる! 凝縮ワード -

古舘 伊知郎
1,540円(04/07 16:06時点)
発売日: 2019/07/25
Amazonの情報を掲載しています

司会やキャスターなど、言葉に関わる仕事を続けてきた古舘伊知郎さん。その独自の視点と、実況の中で創作されるフレーズが好きなファンはいまも増加中です。

古舘伊知郎さんの今後の活躍も期待したいですね。

古舘伊知郎 プロフィール

生年月日:1954年12月7日
出身地:東京都北区滝野川
血液型:AB型
身長:170cm
所属事務所:古舘プロジェクト

日本の司会者、アナウンサー。立教大学卒業後、1977年にテレビ朝日にアナウンサーとして入社。以来、スポーツ中継などの番組を担当し、プロレスやF1レースの実況において、スピード感がありながら独特な言葉選びがハマる『古舘節』を確立し、絶大な人気を博す。1984年にテレビ朝日を退社した後はフリーとなり、現在は情報番組の司会や執筆活動、舞台などで活躍中。


[文・構成/grape編集部]

出典
産経ニュースfurutachiutaroo高嶋ひでたけのあさラジ!furutachiichiro_official

Share Tweet LINE コメント

page
top