grape [グレイプ]

コロナ闘病中の赤江アナが『メッセージ』を公開 内容に「参考になる」「ありがとう」

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

2020年4月現在、世界中で猛威をふるっている新型コロナウイルス感染症(以下、コロナウイルス)。

同月18日、フリーアナウンサーの赤江珠緒さんがコロナウイルスに感染したことが報じられました。

赤江さんの夫もコロナウイルスの陽性が確認されていましたが、幸い子どもは陰性だったそうです。

コロナウイルス感染の赤江珠緒アナ、病状についてメッセージ

同月29日に放送された、赤江さんがパーソナリティーを務めるラジオ番組『たまむすび』(TBSラジオ)では、療養中の赤江さんからのメッセージを紹介。

「病気の症状などは赤江さん一家の一例であることを考慮の上、読んでいただけたら幸いです」と前置きし、『たまむすび』のウェブサイトでも公開されました。

同月15日に発症して以来、37度5分の熱が続いているという赤江さん。当初は味覚障害と多少の胸の痛み、咳はあったものの、レントゲン検査で肺炎症状もみられず軽症という診断だったそうです。

赤江さんは発熱が続いていた日々を振り返り、このようにつづっています。

たとえ37度5分ぐらいの熱でも、10日も続けば、うんざりしてきます。その点が、「軽症」とはいえ、今までの風邪などとは違う感じがしました。そして、この病の特異な点は、何といっても、孤立、隔離を強いられる点です。

普通の病ならば、家族や友人に、看病をお願いすることもできます。私のように、子供のいる方なら尚更、その存在がありがたいでしょう。

ただ、このコロナウイルスの場合は全く打つ手がありませんでした。玄関まで支援物資を届けてくれる友人の厚意や、宅配の方々の努力によってのみ、生活を維持できる状況です。

解熱剤で何とか症状を緩和しつつも、子供がいると昼間に眠ることなどは不可能なので、それは正直、結構きつい状況でした。

「たまむすび」リスナーの皆様へ~赤江珠緒さんから病状などの報告(4/29現在) ーより引用

軽症の場合はコロナウイルスか判断をしづらいため、赤江さんのように入院が遅くなってしまう人もいるでしょう。このことについて、赤江さんは次のように思いを明かしました。

今は入院して、症状が落ち着いていますが、あのままにしていたらと思うと少し怖いです。

恐らく、自宅療養されている方、軽症の方も、医療崩壊を避けるために、まだ入院は、と躊躇される方も中にはいらっしゃるのではないでしょうか。

重症の方のためになるべく軽症なうちは病院に行かずに…と判断される方もいるかもしれません。軽症のまま完治される方も多いと聞きますので、そのまま乗り越えられる方もいらっしゃるでしょう。

ただ10日目を境に悪化するケースも頻発しているそうです。実際に私がそうだったのですが、改善しているのか、悪化しているのかを自分で判断するのはかなり難しいというのが実感です。

ですので、軽症の方も数日後に、再び肺の検査を必須でできるような体制ができないだろうか…そうすれば救える命も増えるのではないかと思いました。

とにかく、隔離、孤立の中での、未知の病との闘いは、悪い情報ばかりが頭をよぎり、このままでいいのだろうか?と不安がつきまといます。

そう言った面からも、肺の状況を定期的にチェックできるなど、きちんと治っていっている、というプロセスを自覚できる体制は、心の支えになる気がします。

「たまむすび」リスナーの皆様へ~赤江珠緒さんから病状などの報告(4/29現在) ーより引用

「自分の体験から、今後のこの病との闘いで何かヒントになるものはないか」と思い、こうして現状を報告することにしたという赤江さん。

先に感染が発覚した夫は無事に退院し、赤江さん自身も快方に向けて進んでいるとのことです。娘さんは自宅で元気を持て余しているほどなのだとか。

赤江さんのメッセージはネットで拡散され、「こんな時でも情報を発信してくれてありがとう」「早く治りますように」といった声が上がっています。

先述したように、これはあくまでも赤江さんの一例です。信頼できる機関や経験者の話を念頭に置いて、万が一の時に備えたいですね。


[文・構成/grape編集部]

出典
TBSラジオ

Share Tweet LINE コメント

page
top