grape [グレイプ]

『好きに性別は関係ない』を描いた漫画に反響 「女のくせに」「入ってくるな」といわれた女の子は…

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

「男のくせに、可愛いものが好きなんて変だ」

「女のくせに、特撮ヒーローを見るなんておかしい」

多様化が進んでいる現代ですが、性別でひとくくりにする人は少なくありません。

「男なら、女ならこうすべし」という考えを押し付けられ、本当の気持ちを隠したり、傷付いたりした人もいるでしょう。

「好きなものは、性別は関係なく好きでいい」

2019年7月、「特撮は男の子のものであり、女の子は間借りさせてもらっている自覚を持つべき」という特撮ファンの投稿がTwitterで議論を呼びました。

その投稿を読み、関連する自身のエピソードを漫画で描いたのは、かずさ(@kazusa_pb)さん。

かずささんは子どものころから、人気ゲーム『ドラゴンクエスト』(以下、ドラクエ)が大好きでした。しかし、クラスメイトや母親の言葉に衝撃を受けたといいます。

2019年現在では考えられないことですが、以前は「ゲームは男のやるもの」とされていました。

そのため、かずささんが大好きなドラクエの話をしようとしただけで「女は入ってくるな」「女のくせに」といった言葉を投げられてしまったのです。

そういった言葉に衝撃を受け、かずささんは『好き』という気持ちを隠し、ひっそりと楽しむようになったといいます。

しかし、ドラクエで女性の主人公を選択できるようになり、かずささんは「好きなものをちゃんと好きでいいんだ」と思うようになれたのです。

投稿は拡散され、漫画の内容に共感する声が多数寄せられました。

・まさに自分の子ども時代でビックリしました。今の子どもには、同じ思いをしてもらいたくないです。

・そんな偏見があったなんて知らなかった。現在は『当たり前』になったことを嬉しく思います。

・読んだら泣けてきた。初めて女主人公が選べた時、嬉しかったなあ。

何かを好きであることに、性別は関係ありません。これからの時代を生きる子どもたちには、『好き』という気持ちを隠さずめいっぱい楽しんでもらいたいですね。


[文・構成/grape編集部]

出典
@kazusa_pb

Share Tweet LINE コメント

page
top