grape [グレイプ]

小学生の娘に『ドラクエ』を勧めた母親 夕食時の対応に称賛の声

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

※写真はイメージ

長女が小学校5年生だった時のエピソードをTwitterに投稿した、母親のダッチェ(@ducheducheduche)さん。

母親の子どもへの対応に、称賛の声が上がりました。

何も楽しいことがない娘に…

当時、熱中するべきものが見いだせなかったのか、「何も楽しいことがないし、つまらない」といっていた長女。

親としては子どものためになんとかしてあげたい悩みです。

そこでダッチェさんが長女に勧めたのは、人気ゲーム『ドラゴンクエスト』でした。

子どもにゲームをやらせることに否定的な親もいる中で、ダッチェさんは「ゲームで意欲が出ることもある」と考えていたのです。

さらに、ゲームの性質が分かっていたダッチェさんは…。

夕飯の時に「ゲームをやめよう」とはいわず、「ご飯ができるから、そろそろ教会に行ってね」と声をかけていた。

『ドラゴンクエスト』のようなロールプレイングゲームは、すぐにやめることができない場合がほとんど。

ゲーム内にある教会に行き、それまでの行動を記録する『セーブ』を行うことで、安心してゲームを終えることができるのです。

そのため、ゲームをやめさせるのではなく、セーブするようにうながす声かけをしていたといいます。

ゲームを勧めるだけでなく、やりかたについても理解を示していたダッチェさんの対応に、称賛の声が寄せられました。

・頭ごなしに注意しないところが、すごくうまいなぁ。

・いいかたや伝えかたを工夫するだけで、印象はガラリと変わりますよね。勉強になります。

・これはよい教育だと思います。

・この呼びかけは本当に粋ですね。ゲームをやっている人なら嬉しく感じるはずです。

子どもに楽しみを与えただけでなく、理解を示した母親の工夫。長女にとっても、いい思い出になったようです。

「ゲームは教育上よくないもの」という考えを払拭してくれそうな、とても素敵なエピソードですね。


[文・構成/grape編集部]

出典
@ducheducheduche

Share Tweet LINE コメント

page
top