grape [グレイプ]

人事部長「連絡が取れない」 海自隊員の説明に「これは仕方ない」と同情の声

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

※写真はイメージ

昔働いていた会社で、海上自衛隊(以下、海自)の人が中途採用になったという、あわれ(@renartria)さん。

その時のエピソードをTwitterに投稿すると、反響が寄せられました。

まったく連絡が取れない

海自の人の内定が決まってから、あわれさんは人事部長からこのような話を聞いたといいます。

「あいつは内定者集会の連絡をしても返事がないし、集会にも来ない。どうなっているんだ」

「採用が決まったのに、まったく海自の人と連絡が取れない」と人事部長は憤慨していました。

もしかしたら、海自の人はほかにいい会社を見つけていて、故意に連絡を絶っているのかもしれません。

しかし、後日あわれさんが海自の人に話を聞いたところ、連絡が取れなかった理由に笑ってしまったといいます。

その理由がこちらです。

当時は船の上にいて携帯は使えないし、守秘義務があるので説明もできなかった。

これは仕方がない!

広い海上では携帯電話を使って連絡を取ることはできません。ましてや守秘義務があっては、作戦行動のある日程を会社に伝えることも不可能です。

どうしようもない状況に、ネット上では同情の声が寄せられました。

・守秘義務があるし、こればっかりは仕方がない。

・知り合いの弟が海自で、「いつも連絡が取れない」といっていました。

・陸上自衛隊でも連絡が取れないことなんてざらですね。

連絡も取れず、このまま内定も取り消しになるかと思いきや…。

「集合時間30分前には来て、研修態度も真面目。研修用の作業着を洗濯してアイロンまでかけて返す人が悪意をもって連絡をしないはずがない」

海自の人は総務部からの印象がとてもよく、無事に採用されたのだそうです。

自衛隊で働きながら転職をするのは、何かと制限が多いのでしょう。

もし連絡が取れなくなっても、温かく見守ってあげるといいかもしれませんね。


[文・構成/grape編集部]

出典
@renartria

Share Tweet LINE コメント

page
top