grape [グレイプ]

CGではなく、現実です 北海道の街中を、自衛隊の戦車が走行!

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

北海道で任務を遂行している、陸上自衛隊北部方面隊第7師団。

2017年6月28日、『90式戦車(きゅうまるしきせんしゃ)』をはじめとした戦車や装甲車両16両による、長距離起動訓練を行いました。

自衛隊による長距離起動訓練、迫力が凄まじい

28日の21時に自衛隊総勢170人が東千歳駐屯地から出発し、東千歳駐屯地から苫小牧西港までの公道30kmを戦車が走行!

騒音や振動を軽減するため、移動速度を落としての走行ですが、その迫力は圧巻のひと言です。

ちなみに昨年は、およそ1か月におよぶ長距離起動訓練を行い、船舶による輸送、トレーラーによる輸送、ヘリコプターによる輸送を遂行しました。

今回の長距離起動訓練で走行した90式戦車は、第二次世界大戦後に国内で開発生産された、第3世代主力戦車。高い射撃機能と装甲の守備力が評価され、世界有数の性能をもつ車両ともいわれています。

また、北海道の地形を想定して設定されたため、ほかの戦車よりも大きく、重量があります。

北部方面隊第7師団は、30日に矢臼別演習場へ到着する予定とのことです。


[文・構成/grape編集部]

出典
北海道千歳市公式ホームページ

Share Tweet LINE コメント

page
top