grape [グレイプ]

新潟県燕市の『帰省対策』に称賛の声! 「発想が最高」「素晴らしい!」

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

※写真はイメージ

2020年4月11日現在、新型コロナウイルス感染症(以下、コロナウイルス)の感染が徐々に拡大しています。

春休みや来るゴールデンウイークは帰省の時期。これ以上の感染拡大を防ぐため、政府や各都道府県は帰省を自粛するよう呼びかけました。

東京では連日、100人以上の新たな感染者が報告されています。自覚症状のないまま帰省し、感染を地方に拡大させてしまう可能性もあります。

新潟県燕市の『帰省対策』に称賛の声

新潟県燕(つばめ)市は、帰省による感染拡大を防ぐため、あるプロジェクトを発表。

燕市への帰省を自粛している、緊急事態が宣言された区域に住む燕市出身の学生に対し、米5㎏と布マスク1枚を贈ることにしたのです!

プレゼントする米は燕市で生産された『コシヒカリ』で、有志の厚意とのことです。

該当する人がウェブサイトから応募すると、準備が整い次第、米と布マスクが発送されるとのこと。

首都圏で若者が一人暮らしをするにはお金がかかります。故郷で生産された米5㎏は、生活の足しになるでしょう。

燕市の発表はTwitterで拡散され、新潟県民のみならず他県民からも称賛の声が相次ぎました。

・素晴らしい対応!帰りたい気持ちも分かりますが、今は耐えましょう。

・「故郷のお米を食べて頑張れ!」という気持ちが伝わってきます。素敵です!

・上京して一人暮らしをしていた自分の経験上、米をもらえるのは本当にありがたいと思う。

家族と会いたい気持ちは分かります。しかし、万が一自分が感染していた場合、取り返しのつかないことになるかもしれません。

大切な家族を守るため、今は耐え忍びたいですね。


[文・構成/grape編集部]

出典
@koho_tsubame

Share Tweet LINE コメント

page
top