grape [グレイプ] entertainment

大和田獏「残された家族の願い」 岡江久美子の遺骨を手にし、語った思いとは

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

岡江久美子さんが、新型コロナウイルス感染症(以下、コロナウイルス)による肺炎で亡くなったことが報じられた2020年4月23日。

63歳という早すぎる死は、多くの人に衝撃を与え「悲しすぎる」「言葉が出ない」といった声が寄せられています。

夫・大和田獏「それが残された家族の願い」

岡江さんの死から一夜明けた翌24日、岡江さんの遺骨を受け取った大和田さんが、自宅前で取材に応じました。

取材では「残された家族の願い」として、ある思いを口にしています。

「久美子は今、帰ってまいりました。こんな形の帰宅は本当に残念で、悔しくて、悲しいです」と悲痛な思いを吐露した。続けて、「どうか皆さんもくれぐれもお気を付けください。それが残された家族の願いです。ご苦労様でした。ありがとうございました」と話した。

サンケイスポーツ ーより引用

岡江さんがコロナウイルス陽性であることが分かった6日から亡くなるまでの17日間、面会することも、最期を看取ることもできなかったという大和田さん。

憔悴しきった様子で口にしたのは「みなさんもくれぐれもお気を付けください」という願いでした。

大切な家族の最期を見送ることができないのは、想像を絶するつらさでしょう。コロナウイルスの恐怖は、感染による症状だけではないと思わされます。

【ネットの声】

・こんな思いをする人が、少しでも減りますように。

・「くれぐれもお気を付けて」は、「感染を広めないよう、家にいて」という意味だと思う。

・遺族の心境を想像すると、胸が締め付けられる。

厚生労働省の発表によると、2020年4月24日時点、コロナウイルスによる日本国内の死者は300人を超えています。

これ以上コロナウイルスの犠牲者を増やさないため、そして望まない最期を迎える人を増やさないため、私たち一人ひとりにできることは何か、改めて行動を見直したいものです。


[文・構成/grape編集部]

出典
サンケイスポーツ厚生労働省

Share Tweet LINE コメント

page
top