grape [グレイプ] trend

来館者の『素朴な質問』が、館長の精神に大ダメージ 『水族館の中で気になったこと』

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

北海道北見市にある『北の大地の水族館(山の水族館)』で館長をしている、山内 創(@suymuc)さん。

水族館に寄せられた『飼育員への質問』への回答をTwitterで公開し、反響を呼んでいます。

来館者「ソーシャルディスタンスですか?」

2021年2月24日に、山内さんが公開した『飼育員への質問』は、60代女性からのひと言。

山内さんが、思わず泣きそうになった質問がこちらです。

質問:人がいないのはソーシャルディスタンスの配慮ですか?

飼育員からの回答:泣くぞ

新型コロナウイルス感染症(以下、コロナウイルス)の影響により、人が密集することを避けるため、一部の水族館や博物館などでは、入場制限を行っています。

しかし、山内さんの「泣くぞ」という回答から、入場制限を行っているわけではないようですね…。

また、質問者の名前と年齢をよく見てみると、東京都知事の小池百合子氏と名前、年齢が一致しています!

この質問者は、都民にソーシャルディスタンスを呼びかけ続ける小池都知事を連想しながら、ネタとして記入したのかもしれません。

「感染対策が行われていて、非常にいいと思います」という、小池都知事の声も聞こえてきそうです。

投稿を見た人からはさまざまな声が寄せられています。

・声を出して笑ってしまった!やめてあげて…!

・質問者の名前と年齢に笑いました。センスある質問だな!

・ゆっくり見られるから、人が少ない水族館の方が僕は好きだよ。

・これは泣いてもいい質問でしょ。頑張って…!

山内さんはこれまでも、来館者からのするどい質問に回答してきました。

『水族館への質問』の投稿には、10万件を超える『いいね』が寄せられており、『北の大地の水族館(山の水族館)』のファンも増えているはず。

コロナウイルスが終息した後には、たくさんの来館者が訪れることでしょうね!


[文・構成/grape編集部]

出典
@suymuc

Share Tweet LINE コメント

page
top