人も家も中身が大事! 96歳のおばあちゃんが売却した可愛すぎる家

出典:Royal LePage

2014年春、カナダのトロントで売りに出された一軒の家。96歳を迎えた家主のおばあちゃんが、近くの施設に入所するのを機に売却を決めました。

18467_19

出典:Royal LePage

1942年にこの家へ引っ越してきたおばあちゃん(当時24歳)。裁縫関係の仕事をしており、自分好みの柔らかい色を中心に、床から天井まですべてをコーディネート、時間をかけて愛すべき空間を作り上げました。

外見だけ見ると何の変哲もない家に見えますが、一歩足を踏み入れると、想像をはるかに超える可愛らしい空間が広がっていたのです。

一瞬で別世界へ…

別世界への扉

ドアを開けると、まず出迎えてくれるのは淡いグリーンを基調とした可愛らしい玄関。

18467_01

出典:Royal LePage

さりげなく置かれているピンクの椅子や、お出かけ前に身だしなみを整える鏡など、インテリアが主張しすぎていないところにセンスの良さを感じます。

全力でくつろげるリビング

爽やかな気持ちで出迎えてくれた後は、タメ息が出るほど可愛いリビングルームへご案内!

18467_29

出典:Royal LePage

ダイニングルーム

クリーム色の家具で揃えたダイニングルームは、和やかな気持ちで食事ができそうな温かみがありますね。

18467_26

出典:Royal LePage

夢の世界へ誘うベッドルーム

ベッドルームは全部で3部屋。どの部屋も個性があって可愛さ満点!

18467_17

出典:Royal LePage

18467_16

出典:Royal LePage

18467_21

出典:Royal LePage

一息つけるティールーム

陽の光を浴びながら一服、お友達を呼んで世間話に花を咲かせたくなりますね。

18467_08

出典:Royal LePage

秘密基地

地下には小さなバースペースがある秘密基地。

18467_10

出典:Royal LePage

暖炉の火にあたりながら、ホットワインでも飲んだら最高なんだろうなぁ…と夢が膨らんでしまいました。

18467_18

出典:Royal LePage

可愛すぎるお家は地元の不動産サイトに掲載後、まもなく新しい家主に渡ったそうです。

72年の月日を感じさせないのは、おばあちゃんが自分のスタイルに誇りをもっていたことと、大事に大事に手入れしながら家を守ってきたからなのではないでしょうか。

外見を着飾るのではなく、中身を充実させた素敵なお家。人間も家も、外見だけで判断するのではなく中身が重要なのだと改めて感じました。

出典
Royal LePage

この記事を友だちにシェアしよう

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

おすすめ記事












検索

週間アクセスランキング TOP10











気になるしゃべりを掘りおこす「しゃベル」ニッポン放送
PageTop