grape [グレイプ] society

小池都知事「育児のために仕事を休むのではない」 育児休業の『新愛称』発表

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

2022年6月29日、小池百合子東京都知事が育児休業の愛称を『育業』と発表しました。

これまで『育休』の略称で知られていた育児休業。

しかし、「仕事を休む」というイメージがつきまとうこともあり、後ろめたいイメージを一新するのが狙いだといいます。

小池百合子東京都知事「大事な仕事である育児に取り組むとマインドチェンジ」

今回の育児休業の愛称は、同日、都庁で開催された『育休取得応援サミット』で発表されたもの。

産経ニュースでは、小池都知事のコメントも伝えています。

小池氏は「育児のために仕事を休むのではなく、大事な仕事である育児に取り組むとマインドチェンジを進める。女性だけでなく男性にも、職場の業務と同じように育業してほしい」と述べた。

産経ニュース ーより引用

ひと昔前に比べると、育児休業を導入する企業も増え、略称である『育休』の言葉を聞く機会も増えました。

一方で、育児休業を申請した結果、「同じ会社で働く人たちからの風当たりが冷たくなった」「却下された」など、ネガティブな声を聞くことも。

まだまだ、育児休業が社会に定着しているとはいえないのが、実情です。

現在、子育て中の人、今後申請予定の人、そうでなくとも、同じ会社で働く人が育児休業中の人など、多くの人にとって関わりがある『育休』改め『育業』。

『育業』という愛称決定は多くの人の注目を集め、さまざまな声が寄せられました。

・意識改革は大切。いい方向に進んでくれるいいな。

・わざわざ愛称を決定しないと変わらない世の中な時点で、どうかと思うけどな…。

・どんなことでも、誰もが育児休業を取得しやすくなるのであれば賛成です。

育児休業をとりまく現状が変わるのかは、結局は私たち一人ひとりの意識次第です。意識を変え、実際に行動に移さなければ、何も変わりません。

しかし、愛称の変更が、そのきっかけになるのではないでしょうか。


[文・構成/grape編集部]

出典
産経ニュース

Share Tweet LINE コメント

page
top