grape [グレイプ]

コロンビアで6000人の男女がヌードに! すべてはコロンビアの平和のため

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

半世紀近く内戦が続く南米コロンビア。

1960年代半ばに結成された左翼ゲリラ「FARC」とコロンビア政府軍との戦いは激しさを増し26万人を超える犠牲者と、660万人を超える人々の住む場所を奪っています。

しかし、昨年から和平交渉が行われ妥結が近づく中、平和を求める意思表示として驚きのイベントが行われました!

それは首都ボゴタのボリバル広場で6千人の集団ヌード撮影。

21632_02

撮影したのはアメリカの写真家、スペンサー・チュニックさん。

チュニックさんは今回の撮影についてこのように語っています。

今回の撮影の意義を「空間、特に広場の政治的な空間を変容させる美しい有機的存在として肉体を表現する」こととしている。

またチュニック氏は、世界各地にルーツを持ち深刻な格差が広がる多様な国家コロンビアで、作品が肌の色や民族、階層を超えて人びとの心を引きつけられたらと願っていると語った。

AFP BB News ーより引用

チュニックさんは2010年にオーストラリアのオペラハウス前で5,200人を集めLGBTに対してメッセージを送るなど、集団ヌード撮影で知られる写真家。

21632_01

今回も世界中の人たちにコロンビアの実情を伝えることには成功したようです。

出典
AFPBB News

Share Tweet LINE コメント

page
top