grape [グレイプ]

産婦人科でピルをもらった女性 周囲から聞こえてきた言葉に、耳を疑った

By - grape編集部  作成:  更新:

Share Tweet LINE

※写真はイメージ

以前、ひどい生理痛と生理不順に悩んでいた、とある若い女性。男性と交際していたため、避妊も兼ねて産婦人科を受診することにしました。

しかし、訪れた産婦人科で悲しい出来事が起こったといいます。「理解を深めてほしい」という思いを込め、Twitterに投稿しました。

産婦人科でピルをもらいに来た、若い女性への心ない言葉

投稿者さんが産婦人科の待合室にいると、ほかの女性たちはチラチラと見てきたといいます。

居心地の悪さを感じつつ投稿者さんが診察の順番を待っていると、周囲から信じられない言葉が聞こえてきました。

「若いのに、むやみに行為をするからこういう所に来なきゃいけなくなるんだ」

「お腹の子には、罪はないのにねえ」

「これだから、ゆとり世代には責任感がないから嫌だ」

若い子が産婦人科に来る=中絶』という勝手な思い込みによって、投稿者さんは心ない言葉を投げられたのです。

産婦人科は、出産や妊娠を扱う『産科』と、女性特有の病気や疾患を扱う『婦人科』が合わさった診療科。

そのため、このクリニックを訪れたすべての人が出産関係で来ているわけではないというのは明らかです。また、若い人が妊娠したからといって、全員が中絶するわけでもありません。

別の日も、受付で「ピルをもらいに来ました」というと、こんな言葉が聞こえてきたといいます。

「世の中、不妊治療をして苦しんでいる人がいるのに、どうしてわざわざ子どもが産めないようにするんだろう」

「ピルを飲んだら妊娠しないからって、きっと避妊具なしで遊びまくるんだよ」

「わざと妊娠できなくする人は、本当に子どもが欲しい時にできなければいいのに」

ヒソヒソ話を耳にし、「どうして、そんなにひねくれた考えかたしかできないの?」と怒りを覚えた投稿者さん。

それと同時に「この言葉をいっている人たちが子どもの母親だったり、これから母親になる人だったりしたら…」と恐怖を感じたそうです。

親しくなった看護師と一緒に、待合室で生理痛の具合について話していた後も、ヒソヒソ話は止むことはありませんでした。

「たかが生理痛でピルを飲むなんて、甘えだね」

「私たちが若かったころは、生理痛でも休んだりしなかったのに」

生理に関する症状は、人によって異なります。生理痛や生理不順、PMS(月経前症候群)といったものは、まったく症状がない人もいれば、日常生活に支障をきたす人もいます。

このヒソヒソ話をしていた女性たちは、生理の症状が軽いのかもしれません。そのため、「生理でピルを飲むなんて!」「生理なんかで休むなんて!」と思ったのでしょう。

同じ女性なのに、理解してもらえないつらさ

最後に、投稿者さんはこうつづっています。

同じ女性なのに、まったく理解がないなんて悲しいです。

どうして、産婦人科でピルを処方してもらうだけで、こんなにも心ない言葉をいわれないといけないのでしょうか…。

心の中で思ったとしても、口には出さないでほしかったです。

体のつくりが違うため、異性の身体に対する知識が足らないのは仕方のないことです。ですが、同性からも理解されず、偏見から心ない言葉をかけられるのはとてもつらいことでしょう。

投稿に対し、多くの女性から心ない言葉に対して怒りをあらわにするコメントが寄せられました。

中には、「制服を着たまま、治療目的で産婦人科に行ったら、性にだらしないというウワサを流された」「若いころに産婦人科に行ったら、来院していた女性に『中絶しに来たのか』といわれた」といった声も上がっています。

悲しいことに現在でも「ピルは避妊のためのもの」「産婦人科は妊娠した人が行く場所」という偏見があるため、治療目的にも関わらず恥ずかしさを感じてしまったり、受診することに抵抗をもってしまったりする人も多いといいます。

多くの人が正しい知識を身につけ、偏見や勘違いによって誰かを傷つけないようにしたいですね。

※ご本人の希望により、お名前は伏せさせていただきました。


[文・構成/grape編集部]

出典
Twitter

Share Tweet LINE