grape [グレイプ]

久保田利伸、アメフト問題に触れる 過熱する報道について『ひと言』

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

まだ終息する気配がない、日本大学(以下、日大)アメフト部の、悪質タックル問題。

関西学院大学(以下、関学大)の選手に悪質なタックルをして負傷させてしまった日大選手は、2018年5月22日に開かれた記者会見で経緯を説明。関学大の選手と家族、そして関係者に謝罪をしました。

また、翌日には日大の内田正人前監督と、井上奨コーチもそろって会見。しかし、「悪質タックルを指示したつもりはない」「選手の解釈が違った」などと、反論しました。

まったく異なる日大選手と、指導者側の対応

大々的に報じられた今回の2つの記者会見。メディアの関心も高く、日大選手、内田前監督、井上コーチの対応や姿勢について、さまざまな意見が述べられています。

そんな中、ほかとは異なる視点で今回の一件を話題にしていたのが、歌手の久保田利伸さん。

22日の日大選手の謝罪会見後の、被害者側の対応について言及しています。

日大選手の謝罪会見を受けて、関学大の監督は敬意を表し、怪我を負わされた選手の父親は感謝を言葉にした。

被害を受けた側であるにもかかわらずだ。その精神性の高さは、尊敬に値する!

スポーツマンシップを感じた日大選手の会見

問題発覚後「関学大と日大の信頼関係は完全に崩壊している」と、述べていた関学大。

しかし、日大選手の会見を受け「勇気を出して真実を語ってくれた。立派な態度だ」と敬意を表すコメントを出しています。

また、負傷した関学大の父親である奥野康俊さんも、日大選手の対応について「勇気をもって真実を話してくれたことに感謝する」とコメントを発表。

関学大も奥野さんも、「悪質タックル問題は和解した」といっているわけではありません。むしろ、23日の日大アメフト部指導陣の会見後は、より厳しい態度で真実を究明する姿勢を見せています。

それでも、実名と素顔を公表した上で、罪を認め、謝罪した日大選手の勇気は尊重すべきだという姿勢からは、真のスポーツマンシップを感じます。

久保田さんの意見は反響を呼び、賛同の声が多数寄せられていました。

・報道が加害者バッシングに偏りすぎだと思っていました。久保田さん、素晴らしい!

・日大選手も関学大も奥野さんも、共にスポーツを愛す者同士だからこそ、敬意を表せたのだと思います。

・「ごめんなさい」に対して「ありがとう」とは、なかなかいえない。

真実を追及する必要はもちろんありますが、久保田さんの意見からは、改めて今回の問題の本質について考えさせられます。


[文・構成/grape編集部]

出典
@kubota_4_real

Share Tweet LINE コメント

page
top