grape [グレイプ]

叶姉妹が内田正人前監督を救う?「責任から逃れてはいけない理由」が、心に響く

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

日本大学(以下、日大)と関西学院大学(以下、関学大)のアメリカンフットボールの試合で起こった、『悪質タックル問題』。

2018年5月22日に、加害者である日大の選手が記者会見で経緯を説明し、関学大の選手と家族、そして関係者に謝罪をしました。

一夜明けた5月23日には、内田正人前監督と井上奨コーチも緊急記者会見を開き、指導力不足を謝罪。しかし、意図的な反則の指示は否定しています。

「納得できない」という声が噴出する中、会見後「内田前監督は心労と不眠で入院することになった」と報じられたことで、多くの人たちから「責任を果たしていない」「逃げるのか」などの怒りの声が上がっています。

そんな中、叶姉妹はInstagramにある格言を投稿。大勢の賛同を得ています。

『ノー・ペインは進化しない』

5月24日に妹の美香さんが、以前にも投稿したことのある姉・恭子さんの格言を再度投稿しました。

「ノー・ペインは進化しない🦋✨」 失敗やまちがいを 投げ出さないこと。 その事実を認めること。 なぜ まちがえたか、 正面から検討をする 率直さをもつこと。 自分の中に 生まれた痛みを 受け止めるのは、 きわめて 勇気のいることですが、 じつは その痛みこそが、 人間を 前へ進ませる、 ポジティブな力と なるのです。💋✨ 「責任」と「プライド」💎✨ 「「責任を持つこと」 「自分自身にプライドを持つこと」 この二つは 切っても切り離せないことであり、 どちらかが欠けると、 どちらかが成立しなくなります。 失敗を誠実に受け止め、 「責任」と「プライド」を 放り出すことないプロセスにおいては、 他人様にたいしての、 「尊重」や さまざまな物事に対しての 「感謝の念」 「謙虚さ」 をいつも忘れないことが とても大切。💋✨」 これは、私がいつも大切にしております姉の格言ですよ。 以前から何度かご紹介しておりますが さまざまなシーンにあてはまり 気が引き締まる感じですよ😋💖 #アセクシュアル #無性愛 #ノンセクシュアル #非性愛 #lgbtq #BL #自由 #心の聖地 #precious #gorgeous #kanosisters #heaven #fabulous #叶姉妹 #女神 #天使 #angel #amazing #88 #peace #peaceful #heavenly #ファビュラス #宇宙 #究極生命体 #至福 #愛 #幸せ #愛するあなたへ

叶姉妹 kanosistersさん(@kano_sisters007)がシェアした投稿 -

「ノー・ペインは進化しない」

失敗やまちがいを

投げ出さないこと。

その事実を認めること。

なぜ

まちがえたか、

正面から検討をする

率直さをもつこと。

自分の中に

生まれた痛みを

受け止めるのは、

きわめて

勇気のいることですが、

じつは

その痛みこそが、

人間を

前へ進ませる、

ポジティブな力と

なるのです。「責任」と「プライド」

「「責任を持つこと」

「自分自身にプライドを持つこと」

この二つは

切っても切り離せないことであり、

どちらかが欠けると、

どちらかが成立しなくなります。

失敗を誠実に受け止め、

「責任」と「プライド」を

放り出すことないプロセスにおいては、

他人様にたいしての、

「尊重」や

さまざまな物事に対しての

「感謝の念」

「謙虚さ」

をいつも忘れないことが

とても大切。」

これは、私がいつも大切にしております姉の格言ですよ。

以前から何度かご紹介しておりますが

さまざまなシーンにあてはまり

気が引き締まる感じですよ

kano_sisters007 ーより引用

失敗を認め、「なぜ間違えたのか」と正面から検討する勇気を持つこと。

その時、自分の中に生まれた痛みが前に進む力となるから。

今回の出来事を連想させる言葉に、心を揺さぶられます。

加害者である日大選手の責任の取りかたと、内田前監督と井上奨コーチ、そして日大の責任の取りかたの違い。

内田前監督や日大の関係者に批判が集まっている理由は、日大の選手が受け止めたような痛みを、同様に感じているようには見えないからでしょう。

間違いを犯してしまった後の振る舞いを、もう一度考えさせられます。


[文・構成/grape編集部]

出典
kano_sisters007

Share Tweet LINE コメント

page
top