grape [グレイプ]

デーブ「ワガママやってきたから」 内田前監督らの『除名処分』に、チクリ

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

2018年5月30日に放送された『とくダネ!』(フジテレビ系)。

番組でコメンテーターとして活躍するデーブ・スペクターさんがもらした本音に、多くの人が共感しています。

長すぎる騒動にチクリ

番組内で話題となったのは、連日メディアをにぎわせている、日本大学(以下、日大)の選手による『悪質タックル問題』。

監督やコーチの指示により、選手が試合中に悪質なタックルをした問題は、多くの人々に衝撃を与えています。

調査の結果、関東学生アメリカンフットボール連盟(以下、関東学連)は、内田正人前監督と井上奨(つとむ)前コーチの主張を「虚偽」であるとし、両者に除名処分を下しました。

『除名』という、もっとも重い処分が下った2人の指導者について、デーブさんは次のようにコメントしました。

最初から認めれば、「行き過ぎた指導だった」と…。どんなに違っていたか。

この騒動は、アメフトのシーズンより長いんですよ。皮肉なことにね。

だからやっぱり、自分たちがいままでワガママで好きなようにやってこられただけに、自信があった、過信していたと思うんですよ。

とくダネ! ーより引用

メディアの報道により、騒ぎが大きくなったため、2人は逃げきれなくなったのではないかという持論を展開。

続けて、デーブさんは「関係者であるほんの数人が起こした問題であり、日大生に非はない」と、日大に通う学生を気遣う姿勢を見せました。

さらに関東学連の迅速な対応を称賛し「しっかりとした調査に感謝したい」と述べました。

デーブさんの発言に、ネット上ではうなずく人が続出しています。

【ネットの声】

・その通り。

・ハッキリいってくれてスカッとした。

・デーブさんのいうように、前監督たちには騒動になる前に早く認めてほしかった。

「関係者がもっと早く過ちを認めてくれていたら…」という、私たちの思いを代弁するかのようなデーブさんの言葉は、たくさんの人の共感を呼びました。


[文・構成/grape編集部]

出典
とくダネ!

Share Tweet LINE コメント

page
top