grape [グレイプ]

「深い反省」 令和初の終戦記念日で、天皇陛下が発した『おことば』とは

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

2019年8月15日は、戦後74年目の『終戦の日』。

東京都千代田区にある日本武道館では、全国戦没者追悼式が行われ、天皇、皇后両陛下が即位後初めて出席をされました。

天皇陛下の『おことば』

両陛下は1分間の黙祷を行った後、天皇陛下が戦没者を追悼する『おことば』を述べられました。

本日、「戦没者を追悼し平和を祈念する日」に当たり、全国戦没者追悼式に臨み、さきの大戦において、かけがえのない命を失った数多くの人々とその遺族を思い、深い悲しみを新たにいたします。

終戦以来七十四年、人々のたゆみない努力により、今日の我が国の平和と繁栄が築き上げられましたが、多くの苦難に満ちた国民の歩みを思うとき、誠に感慨深いものがあります。

戦後の長きにわたる平和な歳月に思いを致しつつ、ここに過去を顧み、深い反省の上に立って、再び戦争の惨禍が繰り返されぬことを切に願い、戦陣に散り戦禍に倒れた人々に対し、全国民と共に、心から追悼の意を表し、世界の平和と我が国の一層の発展を祈ります。

産経ニュースーより引用

令和最初の『終戦の日』となった今回の式典。

天皇陛下はおことばの中で、戦後70年目の2015年以降、上皇陛下が毎年追悼式で使われてきた『深い反省』という表現を継続されました。

戦争を過去の出来事としてでなく、いまなお続く普遍的な問題として真剣に向き合い、平成に続き令和でも戦争のない時代にしていかなくてはいけませんね。


[文・構成/grape編集部]

出典
産経ニュース

Share Tweet LINE コメント

page
top