grape [グレイプ]

電車内で盗撮されて泣いていた女性 すると、周囲にいた『子連れの男性』が…?

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

※ 写真はイメージ

電車やバスなどの公共交通機関では、不特定多数の人が利用するため、一人ひとりが周囲を思いやって行動することが大切です。

しかし、中には大勢が行き来する車内の特徴を利用して、痴漢や盗撮行為などの悪事に手を染める人もいます。

まり先生(@jijipino)さんがTwitterに投稿した、電車内での盗撮にまつわるエピソードをご紹介します。

盗撮する男性を発見した夫

ある日、投稿者さんの夫が双子の子供を連れて、遠出をした時のことです。

電車を利用した夫は、隣に立っていた女性が盗撮被害に遭っていることに気付きます。

盗撮されている女性は、震えながら泣いていました。夫は、勇気を振り絞って、盗撮犯である男性に大きな声でこう切り出したといいます。

「おい、てめー何撮ってんだよ!貸せよ、携帯!」

それに対し、盗撮犯は「なんだ、お前は!」としらを切ろうとします。しかし、「盗撮していた」という確信があった夫は、諦めずに携帯電話を渡すよう要求。

夫が「もし何もなかったら俺が謝る。だから頼むから貸してくれ!」と告げると、盗撮犯はしぶしぶ携帯電話を渡しました。

※写真はイメージ

盗撮犯の携帯電話からは、被害に遭っていた女性だけでなく、ほかの人を盗撮した写真も見つかったそうです。大量の証拠写真を確認した夫は、盗撮犯の手をしっかりと抑え、携帯電話を預かりました。

さらに、子供たちに対し「隣の女の人が心細いだろうから、2人で挟んで話しかけてあげて」と伝えます。子供たちは女性の手を握りながら「大丈夫だよ」と声をかけ続けました。

その後、周囲にいた複数の男性たちと協力し、次の停車駅で盗撮犯を警察官や駅員に引き渡すことができたといいます。

「お礼をさせてほしい」という女性の申し出を、夫は辞退したそうです。夫の勇気ある行動に対し、ネット上では称賛の声が続出しました。

・素敵な夫ですね!読んでいてスカッとしました。

・勇気ある行動を見習いたいと思いました。

・盗撮された女性は、怖くて仕方なかったはず。正しいことをした夫が、殴られるなどの被害に遭われなくて本当によかったです。

見て見ぬふりをせず、被害に遭う女性を助けた夫。夫の段取りがよく、また周囲の人たちの協力を得られたからこそ、それ以上の被害が及ぶことなく盗撮犯を捕まえることができたのでしょう。

被害に遭った女性のケアを任された子供たちは、今回の出来事を通して大切なことを学んだに違いありませんね。

出典
@jijipino

Share Tweet LINE コメント

page
top