grape [グレイプ]

セブンイレブンに一風堂のまぜそばが登場 ラーメンと食べ比べてみた

By - はるの  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

セブン-イレブンでは、さまざまな有名ラーメン店とのコラボ商品が販売されています。

最近、新たに『博多 一風堂(以下、一風堂)』のまぜそばがカップ麺として発売されました。

以前から販売されているカップ麺と、どのような味の違いがあるのかが気になりますよね。

この記事では、一風堂監修の商品を食べ比べた感想や価格・カロリーをご紹介します!

※この情報は、2021年7月現在の情報をもとにしています。また、商品は地域・店舗・時期により販売されていないケースがあります。

食べる前からおいしさを確信 『セブンプレミアムゴールド 一風堂 赤丸新味 博多とんこつ』

筆者がよく行くセブン-イレブンのカップ麺コーナーには、一風堂監修のとんこつラーメンがいつも並んでいます。ロングセラー商品ですが、今まで食べたことがありませんでした。

今回、初めて一風堂の味を体験!

内容物の粉末スープや調味油など4種類を盛り付けると、パッケージの写真のようなラーメンができあがり、筆者のテンションもマックスに。

ラーメン店でしか感じられないような、濃厚なとんこつの香りが漂ってきて、食べなくてもおいしさが伝わってきました。

とんこつスープの独特な香りは控えめ。ねっとりと濃厚な甘さに、後から辛味噌のピリ辛がやってきて、飲み干すほどおいしいスープでした。

そんなスープを吸ったチャーシューも、カップ麺にしては分厚くて贅沢なトッピングです。

博多ラーメンといえば細麺のイメージなので、本場のラーメンを食べたような気分になれました。

SNSでは「本物みたいでおいしい」「辛味噌がいいアクセント」との声も投稿されています。

『セブンプレミアムゴールド 一風堂 赤丸新味 博多とんこつ』の価格は300円(税込み)、カロリーは1個あたり491キロカロリーです。

意外とあっさり? 『セブンプレミアム 一風堂 とんこつまぜそば』

続いては、『セブンプレミアム 一風堂 とんこつまぜそば』を食べてみました。

真っ赤なパッケージには、ローマ字で『ZAKZAKTTO』と表記されていて、「まぜそばに、ザクザクってどういうことだろう」と疑問に思った筆者。

食べてみると、後乗せしたガーリックなどの特製ふりかけが大粒で、ザクザクとした歯ごたえを感じました。ふりかけの色は全体的に赤く、食べる前は辛そうに感じましたが、ピリ辛さは一切なし。

とんこつ風味のソースは、麺の上にかけるとドロッとしていたものの、熱々の細麺に馴染んで油っぽさもあまりありませんでした。風味や香りはとんこつなのにあっさりと食べられるので、濃厚な味を想像しながら食べるとギャップを感じるかもしれません。

麺やキャベツのボリュームは満足できましたが、筆者的に味はスープありのほうがとんこつを濃く感じられて好みでした。

SNSでは「ザクザク食感がクセになる」「ボリュームありすぎ」との声が。

『セブンプレミアム 一風堂 とんこつまぜそば』の価格は246円(税込み)、カロリーは1個あたり793キロカロリーです。

『セブンプレミアム 一風堂 とんこつまぜそば』をおいしく食べるコツ

『セブンプレミアム 一風堂 とんこつまぜそば』には、2種類のかやくが付いていました。とんこつ風味の『液体だれ』と『特製ふりかけ』です。

パッケージ表記通りに作るなら710mlのお湯をカップに注いで、液体だれはフタの上で温めます。3分経過したら湯切りして、液体だれと特製ふりかけを盛り付けると完成。

特製ふりかけのザクザク食感を楽しみたい人は、しっかり湯切りを済ませて、余計な水分をふりかけが吸わないようにすると、おいしく食べられますよ。

セブン-イレブンには、カップ麺以外にも一風堂監修の商品がいくつかあります。

どの商品も簡単な調理で食べられるので、あの味を気軽に楽しみたい人はぜひチェックしてみてください。


[文・構成/grape編集部]

Share Tweet LINE コメント

page
top