2011年から自費でボランティア ゴルゴ松本の『命の授業』が感動的!

実はゴルゴ松本さんは2011年から、少年院でのボランティア講演活動を続けています。

自身のネタでもあった「漢字」を使い、過ちを犯してしまった少年たちに「諦めてはいけない心」を伝えているのです。

提供:ワタナベエンターテイメント

  • 夢は叶う
  • 辛いは幸せに変わる
  • 泣いたら立ち上がる

漢字を使った多くの名言が少年たちの心に響き、2014年12月には法務省東京矯正管区から表彰もされています。

2015年に刊行した、この活動に関する著書『あっ!命の授業』は23万部のベストセラーを記録。

また、テレビでも頻繁に取り上げられるなど『命の授業』は着実に注目を集めています。

そんなゴルゴ松本さんの『命の授業』。これまで教育機関などの依頼で、少年院以外で開催されることはありましたが、「受けてみたい」という多くの声に応え、2017年4月に下北沢で初の一般公開となる授業を行います。

チケットは、2017年2月18日よりチケットぴあ・ローソンチケットにて先行販売を開始。

普段、テレビで活躍する姿とはひと味違う、ゴルゴ松本さんの熱い授業を受けてみたいという人は、参加してみてはいかがでしょうか。


[文・構成/grape編集部]

出典
Amazon

この記事を友だちにシェアしよう

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

grape SHOP




grape SHOP

おすすめ記事














検索

週間アクセスランキング TOP10











気になるしゃべりを掘りおこす「しゃベル」ニッポン放送
PageTop