「それでは逆に遅くなる」ボルトが桐生へ贈った言葉に、共感続々!

人類最速のスプリンターともいわれる、ジャマイカのウサイン・ボルト選手。

オリンピックの男子100mでは、3大会連続で金メダルを獲得し、2009年に出した9.58秒(100m)は誰にも破られていない世界記録です。

一方、日本の陸上短距離界で注目を集める存在といえば、東洋大学の桐生祥秀選手。

高校時代に、10.01秒(100m)を記録し、一躍注目の存在に。2016年に行われたリオデジャネイロ五輪にも出場し、男子4×100mリレーでは銀メダルを獲得しています。

そんな日本陸上界の宝ともいうべき桐生選手と、ボルト選手が2013年に行った対談が、いま改めて注目を集めています。

TBS系の報道番組『NEWS23』の企画で実現した2人の対談。

そこでボルト選手は「速く走るためには、速く走ろうと思わないことだ」という持論を展開します。

スピードを保てばいいのに、さらにスピードを上げようとしている。

大事なことは、トップスピードに乗ったらフォームを保ち、スピードを維持することだ。

多くの選手は、トップスピードから、さらに速くなろうとする。

それでは、速度にテクニックが追いつかず、逆に遅くなってしまう。

トップスピードに乗ったら、それ以上は速くならない。

だからといって「その記録を超えよう」と焦ってはいけない。

速く走ることばかり考えて、逆に遅くなる選手はたくさんいる。

速く走ろうなんて考えるな。「自分の走りをすることだけ」を考えたほうがいい。

NEWS23 ーより引用

桐生選手に、こう語ったボルト選手。

この言葉がTwitterで拡散されると、「陸上だけにとどまらない考え方。仕事にも、恋愛にも応用できますね」と共感の声が寄せられます。

また、自らが走り続ける理由を「走ることは楽しみであり、情熱だから」と語ったボルト選手。

インタビューの最後に、こんなメッセージを桐生選手や日本に対して贈ります。

最後に1つ、いいかい。日本の陸上界にいいたい。

桐生にあまりプレッシャーをかけないでほしい。

いいか、桐生。自分のために走れ。それが国のためになればいい。

まずは『自分のために走る』。そして『楽しむ』。

それが日本のためになるんだ。決して国のためだけに走ってはだめだ。

NEWS23 ーより引用

「日本人初の100m9秒台」という期待をかけられている桐生選手。しかし、当時10代の若者だった桐生選手に「あまりプレッシャーをかけないでほしい」と伝えたのです。

陸上は楽しみであり、情熱であるという信念を持つボルト選手には、もしかしたら桐生選手には過度なプレッシャーがかけられているように見えたのかもしれません。

この言葉に、多くの拍手と称賛のコメントが寄せられます。

  • やっぱり一流のアスリートがいうことは違う。この考え方は音楽や芸術、ほかのスポーツにも共通しますよね。
  • 桐生選手には競技を楽しんでほしい。結果として100mを9秒台で走れたとしたら、これほど素晴らしいことはない!
  • スポーツに限らない。仕事でも、恋愛でも、私生活でも。いい意味で「自分のためにやる」ということはとても大切なこと。

前人未踏の記録を連発するボルト選手の言葉は、陸上界にとどまらず、あらゆる事柄に通じる普遍的なもの。

多くの人の心に響くのは、当然のことなのかもしれませんね。


[文・構成/grape編集部]

出典
NEWS23

この記事を友だちにシェアしよう

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly
grape アワード

grape SHOP




grape SHOP

おすすめ記事














検索

週間アクセスランキング TOP10











気になるしゃべりを掘りおこす「しゃベル」ニッポン放送
PageTop