短い言葉に込めた『思い』 桐生選手のツイートに、涙

2017年9月9日、福井県で行われた『日本学生陸上競技対校選手権大会』の男子100m決勝に出場した桐生祥秀(きりゅう よしひで)選手。

9秒98という記録を残し、日本人初となる『9秒台』を達成しました。

悲願の9秒台

2013年、当時高校3年生だった桐生選手が出した記録は10秒01

日本歴代2位となる成績に、日本中から注目が集まりました。

「日本人の悲願である9秒台を出すのではないか」

そんな期待を一身に受けつつ、努力を重ねてきた4年間。

10秒の壁を突き破った9日の夜に、自身のTwitterで『ある思い』を投稿しました。

「10秒01出してから4年 9秒98に」

4年の間には、たくさんのプレッシャーと戦い、悩み苦しんだ日もあったことでしょう。

さまざまな感情を胸に秘め、何よりも桐生選手が伝えたかったのは、支えてくれた周りの人への深い感謝でした。

桐生選手の投稿には25万件以上の「いいね!」が付き、大勢から祝福のコメントが寄せられました。

  • たくさんのプレッシャーがあったと思います。ずっと応援しています!
  • 本当に驚きました。日本中に感動を与えてくれて、ありがとうございます。
  • 100分の3秒。そこには桐生選手の4年間の思いが詰まっているんですよね。

桐生選手の記録に「初めて10秒の壁を破る日本人が現れた」と、海外からも絶賛の声が上がりました。

国民の期待を背負う1人の青年が、『世界のKIRYU』として、新たなステージへの一歩を踏み出したのです。

「世界のスタートラインです」

今回の結果を『スタートライン』と語った桐生選手。次の目標に向かって、さらなる練習を重ねるのでしょう。今後ますますの活躍が楽しみですね!


[文・構成/grape編集部]

出典
@KiryuYoshihideJAAF

この記事を友だちにシェアしよう

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly
grape アワード

grape SHOP




grape SHOP

おすすめ記事














検索

週間アクセスランキング TOP10











気になるしゃべりを掘りおこす「しゃベル」ニッポン放送
PageTop