grape [グレイプ]

キャンドゥのキャンプグッズが普段使いもできそう キャンプ初心者が使用してみたら…

By - はるの  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

近年、ブームになっていることもあって、100円ショップではさまざまなキャンプグッズが販売されています。

キャンドゥでも、キャンプを快適に楽しめる商品が、幅広く販売されているようです。

キャンプ初心者の筆者が、キャンドゥのキャンプグッズを使用してみた感想をご紹介します!

※この情報は、2021年10月現在の情報をもとにしています。また、商品は地域・店舗・時期により販売されていないケースがあります。

キャンドゥのキャンプグッズで見つけた『メスティン』

キャンプに行ったことはないものの、100円ショップで見かけるようになったキャンプグッズに、少しずつ興味が湧いている筆者。

普段使いができそうな物も販売されているので、自宅にキャンプグッズが増えつつあります。

キャンプに関する知識がほとんどない筆者は、キャンドゥのキャンプグッズ売り場で『メスティン』というものが気になり購入してみました。

キャンドゥ メスティン 箱 正面
キャンドゥ メスティン

価格は税込み550円です。

『はんごう』のようなシンプルな見た目をしていて、「ご飯が炊けるキャンプ用品かな」と考えていた筆者。

しかし、箱に書かれていた説明をよく読むと、ご飯以外にもいろいろな料理を作るのに使用できることが分かりました。

キャンドゥ メスティン 箱

写真には、パスタや小籠包らしきものが写っています。ということは、麺を茹でたり、焼売などを蒸したりできるということですね。

これは、普段の調理にも活かせそう!

さらによく説明を読むと、メスティンはキャンプグッズとして知られている『スキレット』と同様に、焦げ付かないようにする『シーズニング』というお手入れが推奨されていました。

キャンドゥ メスティン 箱

シーズニングは必須ではありませんが、商品を快適に使用するためにも挑戦することに。

メスティンを洗った後に、お米の研ぎ汁を8割りほど入れて火にかけ、沸騰させます。

ちなみに、スキレットではお米の研ぎ汁ではなく『油』を使用するので、キャンプ用品によってお手入れの方法が大きく違うそう。

沸騰後20分ほど火にかけたまま様子を見て、時間が経ったら火を消して冷えるのを待ち、水で洗い流すというのが、メスティンのシーズニングの工程です。

キャンドゥ メスティン シーズニング
キャンドゥ メスティン シーズニング

お米の研ぎ汁に混ざって、ご飯粒が炊けてしまいました…。粘り気が出て、水洗いでは取れないかも…と思っていましたが、元通りピカピカに。

これが、メスティンをコーティングしたシーズニングの効果…かもしれません。

キャンドゥのキャンプグッズ『メスティン』を買うなら、コレも一緒に

キャンドゥでは、メスティンと一緒に使用できる、こんなアイテムもキャンプグッズ売り場に並んでいました。

キャンドゥ 蒸し網

こちらは、キャンドゥのメスティンにぴったりサイズの『蒸し網』です。価格は税込み110円。

キャンプで蒸し料理を作りたい人は、こちらも一緒に購入すると、よりキャンプグルメの雰囲気を楽しめるのではないでしょうか。

早速使ってみたくなったので、フライパンで調理するタイプの冷凍小籠包を入れて蒸してみました。

キャンドゥ メスティン 調理中

フタを閉めるとかなり密閉された状態になるので、なかなか水分が飛ばず微妙な仕上がりに。メスティンのサイズに合わせて、中に入れる水の量を調整すればよかった…と感じました。

キャンプグッズ初心者には、慣れが必要のようです。これからいろいろな料理に挑戦して、使い勝手を把握していこうと思います。

キャンプグッズを新調したい人や、料理が好きな人はキャンドゥのキャンプグッズ売り場に足を運んでみてください!


[文・構成/grape編集部]

Share Tweet LINE コメント

page
top