grape [グレイプ] society

朝青龍、引退から10年以上過ぎた現在の姿に「ここまでスリムになっているとは!」

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

元大相撲力士、第68代横綱の朝青龍こと本名ドルゴルスレン・ダグワドルジさんが、2021年12月4日に自身のTwitterを更新。

同日現在の姿に、反響が上がっています。

引退した朝青龍の現在

1997年、モンゴルから来日し、1999年に初土俵を果たしたダグワドルジさん。

2003年に横綱に昇進し、幕内優勝を実に25回するなど、圧倒的な強さで人気を博していました。

2010年に引退したのちは、実業家など多方面で活躍しています。

現役時代のダグワドルジさんの体型は、185㎝、154㎏と立派な体格。それが、2021年12月現在は…。

ダグワドルジさんは、ずいぶんと痩せたようです!

Twitterに投稿した同日、7㎞のランニングをしていたというダグワドルジさん。痩せた秘訣は、こうした運動習慣にあるのでしょう。

また、同年12月5日には、スーツに身を包んだ姿も見せています。

黒縁メガネがさまになり、おしゃれな雰囲気をかもし出していますね!

現役時代の印象から大きく異なる姿に、「ここまでスリムになっているとは…。驚いた」「かなり痩せたな~」といった声が寄せられました。

今後も、現役時代さながらに鍛錬を重ねていくのでしょう!


[文・構成/grape編集部]

出典
@Asashoryu

Share Tweet LINE コメント

page
top