grape [グレイプ]

「それとこれとは話が別」 女性市長の『女人禁制問題』への発言に賛否の声

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

2018年4月4日に開催された京都府舞鶴市の大相撲春巡業で、舞鶴市長が倒れるというハプニングがありました。

その際、人命救助のために女性が土俵に上がるも「女性は土俵から下りてください」とアナウンスが流れ問題に。

さまざまな人が自身の考えを述べる中、女性市長の発言が注目を集めています。

土俵で挨拶できず悔しい

4月10日に放送された、情報番組『とくダネ!』(フジテレビ系)では、土俵上の『女人禁制』について、各市長が批判の声を上げていることを特集。

静岡市の田辺信宏市長は、今回の問題についてこのようにコメントしたそうです。

全国の市長が土俵の上で挨拶できるように、21世紀の中で変えていただきたい。

とくダネ! ーより引用

中でも強く訴えたのが宝塚市の中川智子市長で、開会の挨拶でこのような発言をしました。

開催市の男性市長さんは土俵の上に立って挨拶します。

女性であるという理由で、この宝塚市の市長でありながら、土俵の上で挨拶できない。これは悔しいです。つらいです。

女性の総理大臣が現れるかもしれません。

その時に女性は、絶対に土俵の上にのぼってはいけないのでしょうか?

とくダネ! ーより引用

この発言に、会場からは拍手とヤジの声が上がりました。

中川市長の男女平等の意見を聞き、ネット上でも賛否両論の声が上がっています。

賛成派

・世界からどう思われてもいいなら、女性蔑視を伝統として守ればいい。

・中川市長は頑張っていますね。応援しています。

・日本初の女性総理が誕生した時に、『内閣総理大臣杯』を総理大臣からは受け取れない、といっているようなものです。

反対派

・伝統として守ってきたものだし、仕方ないのでは?

・市長が土俵に上がらなければならない意味が分かりません。

・土俵に上がれないのは、当たり前。伝統と文化を守るべき。

しかし、一番多く上がっていたのは「人命救助は仕方ないが、通常は伝統を重んじて『女人禁制』でいい」「緊急事態とあいさつは別物」という声でした。

人命救助の問題から、『女人禁制』の問題へと広がる今回の騒動。

伝統を守りつつも、臨機応変な対応が求められているようです。


[文・構成/grape編集部]

出典
とくダネ!

Share Tweet LINE コメント

page
top