grape [グレイプ]

障がいがあり、1人でボタンが留められない男性 彼を救ったものは?

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

出典:@ariannyxo_

アメリカ・イリノイ州シカゴにある紳士服店が、1人の男性のために仕立てたシャツが「素晴らしい」とネットで称賛されています。

何気ない日常動作が、人によっては難しい

カスタムメイドのシャツを手がける洋品店『BALANI Custom Clothiers』の顧客のリンカーンさんは、ほかの人にとって当たり前のある動作がスムーズにできません。

それは、ボタンを留めること。

リンカーンさんは身体に障がいがあるため、自分でボタンを留めることが難しいのです。そこで自立して着られるシャツを店にオーダー。

完成したのは、このようなシャツだったのです。

一つひとつボタンに指をかけなくとも、一瞬で着られました!

秘密はボタン

実はこのシャツの生地の中には、程よい強さのマグネットボタンが取り付けられているのだそうです。

ちょっとした工夫ですが、リンカーンさんにとっては劇的な変化だったに違いありません。

この動画は、お店のスタッフであるari(@ariannyxo_)さんがTwitterにアップした後、すぐさま世界中に拡散され、たくさんの称賛の声が寄せられました。

多くの人にとっての当たり前が、誰かにとっては当たり前でないということは案外よくあること。

真の意味でのカスタムメイドとはこういうことをいうのかもしれません。

リンカーンさんの笑顔が、何よりの証拠ですね。


[文・構成/grape編集部]

出典
@ariannyxo_

Share Tweet LINE コメント

page
top