grape [グレイプ]

二階堂ふみが「感性のバケモノ」と絶賛される理由は? 映画で見せたヌードに「綺麗!」の声

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE

女優として活躍している二階堂ふみさん。

その卓越した演技力は『天才』ともいわれ、共演者からも一目置かれる存在になっています。

そんな二階堂ふみさんの活躍ぶりや、入学した有名大学での生活、絶賛される理由など、さまざまな情報をご紹介します!

二階堂ふみってどんな人?

まずは二階堂ふみさんのプロフィールをチェックしていきましょう!

生年月日:1994年9月21 日

出身地:沖縄県

血液型:O型

身長:157cm

所属事務所:ソニー・ミュージックアーティスツ

古着が好きで、店に通っている時にフリーペーパー『沖縄美少女図鑑』のモデルにならないかと誘われた二階堂ふみさん。

同誌に写真が掲載されたことがきっかけで、それを見た現在の事務所のスタッフからスカウトされたことが、芸能界入りのきっかけです。

それからは女性ファッション雑誌『ニコラ』の専属モデルを務めるなど、ファッションモデルとして活躍していましたが、「いつかは女優として演技をしてみたい」という思いがあったといいます。

その思いが現実になったのが、2007年のドラマ『受験の神様』(日本テレビ系)での女優デビューでした。その後、俳優の役所広司さんが初監督を務めた映画『ガマの油』に抜擢され、経験が少ない女優とは思えない見事な演技が注目されるようになります。

このころまでは地元である沖縄県と東京都を行き来する生活を送っていましたが、高校進学とともに上京し、本格的に女優業に取り組みます。

2011年の映画『劇場版 神聖かまってちゃん ロックンロールは鳴り止まないっ』で映画初主演を務めると、TAMA映画賞最優秀新進女優賞などを受賞し、女優としての地位を確立。

特に大きな注目を集めたのが2012年公開の映画『ヒミズ』で、同作品はヴェネツィア国際映画祭に出品され、二階堂ふみさんは共演者の染谷将太さんとともに、最優秀新人賞にあたるマルチェロ・マストロヤンニ賞を受賞しました。

ヴェネツィア国際映画祭マルチェロ・マストロヤンニ賞受賞会見に出席した二階堂ふみさん(右)と染谷将太さん(左)

それからは二階堂ふみさんの女優としての評価はうなぎのぼりになり、2013年には映画『ヒミズ』『悪の教典』での演技が認められて日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞。

その後も数多くの話題作に主演・助演問わず出演し、『ぐるぐるナインティナイン』(日本テレビ系)の人気コーナー『グルメチキンレース・ゴチになります!』のレギュラーを務めるなどバラエティ番組にも進出します。

現在もその勢いはとどまるところを知らず、実力派女優として第一線で活躍しています。

二階堂ふみの大学はあの有名校だった!

二階堂ふみさんは学生時代から女優として認められていたため多忙で、大学に進学したいと思っても勉強する時間がとれず、高校在学時には大学受験をすることができなかったといいます。

それでも忙しい合間をぬって勉強し、1年後に慶應義塾大学総合政策学部のAO入試を受験。見事合格し、2014年に大学生になりました。

※写真はイメージ

大学では漫画『テニスの王子様』が好きな人が集まるサークルに所属したといい、メンバーは二階堂ふみさんが芸能人であることを知らなかったそうで、騒がれることもなく溶け込めたそう。

しかし、二階堂ふみさんがこのサークルに所属していることが多くの人に知られようになり、握手やサインを求めてくる人が増えたため、現在はサークルを退会したとのこと。

その後、二階堂ふみさんの大学生活に関しての情報はありませんが、充実したキャンパスライフを送ってくれていたら嬉しいですね。

二階堂ふみの演技力を共演者が絶賛 「感性のバケモノ」

二階堂ふみさんが、2018年5月25日放送の情報番組『あさイチ』(NHK)のコーナー『プレミアムトーク』に出演。

大河ドラマ『西郷どん』(NHK)で共演している俳優・鈴木亮平さんから、絶賛される場面がありました。

鈴木亮平さんは『西郷どん』の撮影が始まったころを振り返り、二階堂ふみさんについてこう語ります。

最初のほうで撮影したのが、僕が船で去っていくシーンだったんですよね。

何も積み重ねがないままやってたんですけど、現場に入ってきた時から彼女は顔がもう…泣きそうな顔をしていて、「あれ、まだ何も芝居してないよね」って。

生まれながらの表現者だなって思いました。

あさイチ ーより引用

二階堂ふみさんは、撮影が始まったばかりの時から自分の中で気持ちを作り、本番に臨んでいたようです。

番組では、二階堂ふみさんの休日の活動も明かされます。『西郷どん』のロケは奄美大島でも行われたのですが、二階堂ふみさんは撮影を見に来ていた地元の人たちと仲よくなり、いろいろと話を聞いていたといいます。

そこから、自身の役『愛加那(あいかな)』を演じる際のヒントを得て、演技に取り入れているのだそう。

二階堂ふみさんは役作りについて聞かれると、こう語りました。

台本をいただいてまず覚えて、後は現場に行ってから一緒にお芝居させていただく役者さんであったり、監督であったり、あとは現場のスタッフのかたがたに「どういうふうに思いました?」って聞いたりとか。

今回、美術部のかたがすごくこだわって作ってくださって…。込められた想いとか、そういったいろいろなことが自分の中で肉付けされていく感じがして。

だから、1人では絶対にできなくて、本当にいろいろなかたがいて、自分の中で超えていくものがあるって感じですかね。

あさイチ ーより引用

そんな二階堂ふみさんについて、鈴木亮平さんはこのように呼んでいるといいます。

ずっと一緒に撮影していたんですけど、底の見えない人。僕は勝手に『感性のバケモノ』と呼んでるんですけど…。

あさイチ ーより引用

この賛辞に、二階堂ふみさんは恥ずかしそうに笑顔を見せていました。

二階堂ふみ 結婚の予定や、理想の彼氏を明かす

二階堂ふみさんが、2018年4月5日放送のトーク番組『徹子の部屋』(テレビ朝日系)に出演。理想の男性像や、結婚についての展望を語りました。

番組では、二階堂ふみさんのいままで経歴や、家族についてなどさまざまなトークが展開。その中で、番組MCの黒柳徹子さんから「好きな男性のタイプってあります?」と質問されると、二階堂ふみさんはこう答えます。

好きな男性のタイプは、真面目なかたがいいです。真っ直ぐなかたといいますか…。

徹子の部屋 ーより引用

その後、二階堂ふみさんが結婚について語っていた、17歳の時に受けたインタビューの内容が、黒柳徹子さんの口から紹介されます。

20歳で結婚して、23歳で最初の子供を生む。

30歳で7歳の子供がいる予定だけど、お芝居は続けていきたい。

徹子の部屋 ーより引用

この内容について「どうですか」と黒柳徹子さんからコメントを求められると、二階堂さんは「いま23歳なので」と笑顔。現在の結婚に関する展望を明かします。

この時は23歳ってもっと…すごく遠く感じてて、で、もっともっと大人だと思ってたので、まだまだ、全然そんなこと(結婚を)考えられないです。

徹子の部屋 ーより引用

現在は女優という仕事や大学生活が楽しいといい、「まだまだ学ばなくてはならないことがたくさんあるので」と、すぐ結婚するといったことは考えていないとのこと。

それでも「素敵な人と出会え、一緒になれたらと夢見てるんですけど」と語り、将来的には大切な人と結ばれたいという願望を持っていることも明かしていました。

二階堂ふみの現在・これからは

作品のためだったら、昨日が面白くなるんだったら、なんでもやりたいと思います。死なない程度に。

そんなことを語ったこともある二階堂ふみさんは、2018年2月公開の映画『リバーズ・エッジ』でヌードを披露するという体当たりの演技を見せ、大きな話題になりました。

映画『リバーズ・エッジ』 予告

映画を見た人からは、このようなコメントが寄せられています。

・二階堂ふみちゃんの脱ぎっぷりにやられました。すごい女優魂。

・私は女ですが、ふみちゃんのくびれの綺麗さやスタイルに見とれました。

・やっぱり、迫力のある演技をする人だなぁ。リバーズ・エッジは自信を持って勧められる映画。

その後は前述の『西郷どん』への出演や、2018年7月放送のドラマ『この世界の片隅に』(TBSテレビ系)で見せた遊女役は「めちゃくちゃ色っぽい」と大好評。

さらに2019年には映画『翔んで埼玉』や『ばるぼら』への出演が決まっています。

映画『翔んで埼玉』 特報

女優として成長を続ける二階堂ふみさん。これからもその活躍から目が離せません!


[文・構成/grape編集部]

出典
二階堂ふみ オフィシャルサイトfumi_nikaidoあさイチ映画『リバーズ・エッジ』本予告【2.16(金)公開】『翔んで埼玉』 特報徹子の部屋

Share Tweet LINE

page
top