grape [グレイプ]

ノートルダム大聖堂に126億円を寄付した大富豪 『ルイ・ヴィトン』はさらに…

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

フランス・パリにあるノートルダム大聖堂で、2019年4月15日(現地時間)に大規模な火災が発生しました。

歴史的建造物であり、世界遺産にも登録されているノートルダム大聖堂。再建させるべくさまざまな活動が始められる中、多額の寄付金を約束した大富豪に注目が集まっています。

約126億円を寄付

1億ユーロ(日本円で約126億円)もの寄付金を申し出たのは、『グッチ』や『イヴ・サン=ローラン』を傘下に置く『Kering(ケリング)」社の会長兼CEOのフランソワ・アンリ・ピノー氏。

寄付金はピノー氏の親族が運営する投資会社『Artemis(アルテミス)』から支払われるそうです。

また、『ルイ・ヴィトン』と『モエ・ヘネシー』の両社が合併した『LVMH』は、公式Instagramで2億ユーロ(日本円で約253億円)の寄付金を宣言しています。

日本からも「寄付をしたい」という声が上がっていた、ノートルダム大聖堂の火災。

こうした多額の寄付金について、ネット上では「素直にすごいと思う」「これで早く修復されそうですね」と再建を期待する声が上がっていました。

火災発生からわずか1日で多額の寄付金を決定したピノー氏と『LVMH』。

その決断力と行動力には、ただただ驚かされるばかりですね。


[文・構成/grape編集部]

出典
lvmh

Share Tweet LINE コメント

page
top