grape [グレイプ]

「かっこいい」「粋ですね」 くら寿司、神キャンペーンを始めた『理由』に反響

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

※写真はイメージ

飲食業界、観光業界、イベント業界など、各業界に甚大な影響をもたらした新型コロナウイルス感染症(以下、コロナウイルス)。

『GO TO キャンペーン』をはじめ、政府が各業界の支援に力を入れる一方、企業として支援に立ち上がったのが、回転ずしチェーンの『くら寿司』でした。

コロナウイルス感染拡大により、販路が激減した養殖業の支援を目的とした『くら寿司』の取り組みを、2020年10月9日、産経新聞が報じています。

 回転ずしチェーンのくら寿司は9日、コロナ禍で販路をなくした養殖業を支援しようと、愛媛県宇和島市産の養殖マダイを使った握りずし(一貫110円)を発売した。

産経新聞 ーより引用

くら寿司が仕入れたマダイは、本来、京都の料亭などへ出荷される予定だったといいます。

しかし、コロナ禍で販路が激減。出荷されないままだといけすが空かず、新たな稚魚も入れられない状態となり、さらにはエサ代としての維持費もかかるなど負のループがうまれかねない状況でした。

支援に乗り出したくら寿司の広報担当者は、今回の取り組みに対して、こうも語っています。

 くら寿司は「漁業とは共存共栄の関係にある。助け合いの精神が大事」(広報担当者)と、今後も価格などの条件が合えば取り組みを続けるとしている。

産経新聞 ーより引用

飲食業界も、コロナウイルスにより売上激減などの被害を受けた業界の1つ。くら寿司も、決して例外ではないことでしょう。

そんな中、企業として支援に乗り出す姿勢は多くの人の心を打ち、称賛の声が上がっています。

・くら寿司さんも厳しい状況だろうに。出し惜しみせず社会貢献する姿勢は学ぶべきものがあります。

・くら寿司、神かよ。

・くら寿司さんの心意気、かっこいい!

養殖業が救われただけでなく、消費者にとっては良質なマダイを味わえる絶好の機会となった、今回のくら寿司の支援。

販売期間は2020年11月15日までと期間限定のため、ぜひこの機会に消費者として『食べる支援』を行ってみてはいかがでしょうか。


[文・構成/grape編集部]

出典
産経新聞

Share Tweet LINE コメント

page
top