grape [グレイプ] society

日本と海外、生理の価値観が違う? 座談会で明らかになった意識の違いとは

By - 芳雪  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

近年、月経(通称:生理)について男女の性別関係なく深く知ろうとする風潮が高まってきています。

また、『生理の貧困』という言葉の認識が広まり、行政が生理用品の提供に協力するなど社会の動きが変わってきました。

grapeでは、参加を希望した男性社員を対象に、生理について理解を深める企画を実施。

今回は、男性社員3名と女性社員3名に企画内容を説明し、生理についてお互いの知識や理解を深める座談会を行いました。

生理について語り合う6人

今回座談会に参加した男性は、編集部の部長サトウさん(40代)、先述の企画で初めて生理用品を購入したカタノさん(30代)、そしてフランス系アメリカ人のベンスキー(40代)さんです。

また女性は、比較的生理は軽い症状のワタナベさん(20代)、そして生理の症状が重いサバさん(20代)、以前は生理の症状が重かったアオキさん(20代)の3名。

早速、与えられたヒントを元に生理用品を購入する企画が終わっての感想を聞きました。

――企画に参加してどうだった?

サトウ

大は小を兼ねるものだと思っていたところがあったな。指定されたものより若干大きめの商品とか、安心感があるものを買っておけば間違いないかなって(笑)。
だから、装着感とか快適性はあまり気にしていなかったですね。

カタノ

商品がたくさんあって、圧倒される感じ。今回は女性に一緒についてきてもらったけど、やっぱり男性の居心地の悪さはあったね。
実際、商品を見て自分が想像しているよりも分かっていないことに驚きました。自分としては、すごく勉強になりましたね。

ベンスキー

商品をよく見ないと分からなくて、混乱した。あとは種類の多さに驚いた!「女性は大変なんだろうな」と思ったし、どういうものが自分に合うのか、最初から分かるのかな?

カタノ

たしかに!どれを買うべきか分からなそうだけど、どうやって決めているの?

男性陣から上がったのは、どのようにして自分の使う生理用ナプキンを選んでいるのかという疑問。

サバ

最初は、親が買ってきてくれた生理用品を使っていて、一人暮らしになってから、自分で種類を選び始めたかな。

アオキ

私は、値段重視でたくさん入っている生理用品を使ってる!

編集部の女性を対象にアンケートをとったところ、生理用品を選ぶ基準で一番多かった回答は、ナプキンの羽の有無など機能面を重視するとのことでした。

続いて、大きさ、金額といった順にそれぞれ基準を設けているようです。

ベンスキー

初めて買う時は店の人に相談するの?

ワタナベ

んー、しないかな。

アオキ

相談はしないかな。もう好みなので…。失敗することはほとんどないし。

カタノ

メーカーを変えるのは、歯ブラシを変えるのと同じような感覚なの?

女性陣

あーそうそう!

1個300円台の生理用品は安い?高い?

『生理の貧困』が話題になると、ネットには「300円も払えないの?」「そんなに高いものじゃないんだからお金あるでしょ」いった声が上がっていました。

前述した生理用品を購入する企画では、予算を考えてから買いに行き、価格を知るのは店で商品を見た時。

そのため企画に参加した男性全員が500円以上の予算を立てていました。

――生理用品を買う時に「意外と安い」という声があったけど、ギャップはあった?

カタノ

「480円ぐらいかなー」って思ったんだけど300円台で「想像より安い」と思った。
でも、継続的に使うものだし、すぐになくなっちゃうと高いかも。冷静に考えるとね…。

ベンスキー

私は700円を持って行って、さらに「足りないかも」と思って追加で持って行ったんですよね。
でも全然予想は外れていて…。300円ぐらいで最初は安いと思ったけど、私も継続して使うことを考えれば、高いと思います。

アオキ

ベンスキーさんが買ってきたのは夜用の羽付きのものなんだけど、6個しか入ってないんだよね。

ベンスキー

じゃあそれを考えると高いの?

ワタナベ

うん、1個あたりがすごい高くなっちゃう。

生理用品は、一般的に昼用・夜用があり、人によってはそれぞれを買っておく必要があります。また、夜用は入っている数が少ないこともありお金がかかってしまうことも。

さらに、頭痛や生理痛の対処として鎮痛剤を購入すれば、それだけお金がかかってきます。

単に生理用品1つの値段を見て「安い」と判断するのではなく、継続的に使うものであり、さらに生理用品以外にも必要なものがあると考えると、決して「安い」とはいえないでしょう。

Share Tweet LINE コメント

page
top