grape [グレイプ] lifestyle

『ある伝説』が残る観光地、お土産を見ると… 「徹底してるな」

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE

新年を迎えたら、運気を上げていきたいもの。

千葉県の房総半島には、初詣やちょっとしたおでかけに適した、少し変わった特徴のあるパワースポットがあるといいます。

どんな場所なのかが気になったため、1日お出かけしてみました!

鯛尽くしで縁起がよさそう!伝説の地巡り

千葉県鴨川市の『小湊(こみなと)』には、鯛が集まる不思議なスポットがあるそう。

早速、安房小湊駅の近くにある案内所で自転車をレンタルして、港を目指します!

伝説を満喫できる『鯛の浦』

海の風を感じながら、心地よくサイクリングすると小湊港に到着。

特別天然記念物に指定されている、鯛の生息地『鯛の浦』を巡る遊覧船が見えます。

看板の説明によると、鯛の浦では、本来は海底付近を泳いでいるはずのマダイが、海面近くを群れで泳いでいるとのこと。

日蓮宗の開祖である日蓮聖人が降誕した際に起こった、3つの吉兆『三奇瑞(さんきずい)』に、大小の鯛が飛び跳ねた伝説『妙の浦(たえのうら)』があるのも分かります。

三奇瑞の2つ目に関わる場所は、鯛の浦遊歩道の先にある2つの小島『小弁天・大弁天』。

入江一帯には、日蓮聖人が降誕した際、季節外れの青蓮華が咲いた伝説『蓮華ケ渕』があります。干潮時に小島まで歩いて渡れて、感慨もひとしおでした。

ですが、ここだけでは終わりません。移動先にも鯛があふれていたのです…!

鯛が並ぶ『誕生寺』

続いて寄ったのは、小湊港のそばにある『小湊山 誕生寺(たんじょうじ)』。

その名のごとく、安産祈願で古くから信仰を集めているお寺です。

日蓮聖人が降誕した際、生家の庭先から湧き出した泉を産湯に使ったとの伝説から、三奇瑞の1つとされる『誕生水』

水脈を同じくする『誕生水井戸』が誕生寺にはあり、安産祈願の祈祷で使用されています。

願いといえば、誕生寺の各所に並ぶ、鯛を模した授与品『願満の鯛』も特徴的!

病気平癒などの願いを叶える縁起物で、ダルマのように片目を開けて願掛けをするため、まん丸な右目と違って左目は点のみ。早く願いを叶えて描きたくなります。

参拝後には御朱印と、お題目『南無妙法蓮華経』を記した御首題(ごしゅだい)をいただきました。

通常の御朱印と御首題のほか、切り絵アーティストの百鬼丸さんが制作した、期間限定の歌舞伎『日蓮』特別御首題もあります。

2021年に、日蓮聖人降誕800年となることを記念して公演された歌舞伎『日蓮』。

公開に合わせて制作された特別御首題には、幼少期の頃の日蓮聖人とともに三奇瑞のモチーフが描かれているため、ここにも鯛が…!

見返すたびに、小湊での出来事を鮮明に思い出せそうです。

鮮魚を味わえる『千家』

鯛だらけでお腹が減ったので、向かった先は和食のお食事どころ『千家(せんや)』。

地元でとれた食材をふんだんに使用したご当地グルメ『おらが丼』をいただきました。

見てください、10種類以上もの具が乗った豪華さを!

この日はカンパチやサワラなどが乗っていましたが、内容は季節によって変化するので、再度観光に来た時も楽しめそうです。

日本一で外せない『清澄寺』

食後は、千葉県第2位の高山・清澄山にある『千光山 清澄寺(せいちょうじ)』へ。

以前は危険な道のみでしたが、千葉県が道路の改良に着手し、2021年9月13日に『清澄山道ループ橋』が完成。2車線道路のバイパスを通ることができます。

適度な運動量になる道のりを超えると、清澄寺に到着!

山の中の霊場だからか、どこか厳かな雰囲気です。

境内でひと際目を引くのは、樹高48mを誇る『千年杉』。千年を超える清澄寺の歴史を物語る霊木とされています。

その先にある階段を上ると、日本一早く日の出が拝める絶景スポット『旭が森』。

夕暮れの景色もきれいでしたが、日の出の時はまた格別です。

澄んだ空気の中で日の出を拝めば、心身ともに清められた気持ちになれそうですね。

実は旭が森も日蓮聖人ゆかりの地で、当時32歳の日蓮聖人が、日の出を拝みながら日蓮宗を開いたといわれています。

そのため、百鬼丸さんにより清澄寺にも納められた、期間限定の歌舞伎『日蓮』特別御首題には、日輪が!

御首題の日蓮聖人を見ると、決意がみなぎっているような表情をしています。

旭が森でパワーを得たからこその決断だと思うと、あやかりたくなりました。

鯛の主張が強い『活き活き小湊ウオポート』

帰りに寄ったのは、巨大な鯛のオブジェが目印の即売所『活き活き小湊ウオポート』です。

お菓子や加工品の取りそろえが豊富で、やはり鯛をかたどったものがありました。これはお土産として買いですね!

カマタの鯛せんべい

見どころだらけで、巡っていると自然と笑顔があふれた小湊観光。1日で1年分のパワーをチャージできそうなので、興味のある人は訪れてみてください。

日蓮聖人の降誕日である2月16日には毎年、誕生寺で宗祖御幼像練行列などが行われるので、よりにぎやかですよ。


[文・構成/grape編集部]

Share Tweet LINE

page
top