grape [グレイプ] society

49歳のカズが約1年ぶりのゴールで最年長記録を更新 イチロー選手が刺激に

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

2016年6月19日に行われた明治安田生命J2リーグ第19節、対FC岐阜戦で横浜FCに所属するカズこと、三浦知良選手(49歳)が今季最初の得点を決めました。

12日の清水エスパルス戦に続き、先発出場を果たしたカズ。前半22分、右サイドからのクロスに、滞空時間の長いジャンプからのヘディングで合わせ、ゴールを奪います。2015年6月28日以来、約1年ぶりとなるゴールは、自身が持つJ2最年長得点記録を49歳3ヶ月24日に更新する記念すべき得点になりました。

後半14分までプレーするも、チームは逆転を喫し、1-2の敗北。カズのメモリアルゴールを勝利に結びつけることはできませんでした。

親交のあるイチローが刺激に

雑誌の対談などで20年来親交があるイチロー選手が、6月16日に日米通算でピート・ローズ選手が持っていた4256安打を更新する、4257本目のヒットを放ったことに刺激を受けたというカズ。試合後には次のようにコメントしています。

「(メジャーリーグに比べたら)舞台は小さいかもしれないけど、小さい積み重ねが大きいところにたどり着く。イチローさんの言葉じゃないですけどね」

また、かつての盟友でヴェルディの黄金期を共に支えた現FC岐阜のラモス瑠偉監督はカズのゴールを、彼らしい表現で讃えました。

「(ピッチに)入って来た時に今日は点を入れるオーラがあった。俺には見えた」

Twitterにも称賛の声

やはり、キングのゴールはファンならずとも気になるようですね。称賛の声が絶えません。

49歳という年齢を考えると、プロレベルのトレーニングを継続しているだけでも、とてつもないこと。試合に出場してゴールまで奪うカズの活躍には目を見張るものがあります。

プロ31年目、Jリーグ開幕時にプロだった選手としては唯一の現役選手として、今後の活躍にも期待が高まります。

出典
@paidjllll@ikuchannn_0122

Share Tweet LINE コメント

page
top