grape [グレイプ]

2歳の女の子が警察官をお茶会に招待しました。なぜなら彼は…

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

出典:Facebook

アメリカ・テキサス州に住む警察官のパトリックさんは、ある日、とても可愛らしいティーパーティに招待されました。

ティーパーティを開いたのは2歳のベクスレーちゃん。

ベクスレーちゃんのお母さんの発案で、娘の命の恩人でもある警察官のパトリックさんをティーパーティに招待したのです。

女の子が小さなコインを飲み込んでしまった!

2015年7月26日。当時、1歳10か月のベクスレーちゃんは誤って、小さなコインを飲み込んでしまいます。

110番を受けてすぐに現場に駆け付けたのが警察官のパトリックさん。素早く的確な処置で小さなコインを吐かせましたが、直後に女の子の呼吸は止まってしまいます。

この時のことを警察官は後にこう語っています。

「私が彼女(ベクスレーちゃん)を見た時、ちょうど目が合ったんです」

「青い大きな目が、私に『私はあなた(パトリックさん)が私を助けるためにここにいることを知っているわ』と語り掛けているように感じました」

女の子の気道を確保し、蘇生処置を行う警察官。

懸命の処置の甲斐もあって、女の子は数分後に息を吹き返します。と、同時に大声で泣き始めました。

「女の子が呼吸する音は、私がこれまでの人生で聞いたどの音よりも美しかった」

病院で処置を受け、回復した女の子。警察官は「本当に良かった」と胸をなでおろしたそうです。

事故から1年後に開かれたお茶会

ベクスレーちゃんがコインを飲み込んでしまった事故から1年。

女の子のお母さんは、1年前の感謝の意味を込めて、2人だけのティーパーティを開催することを思い付きます。

天気のいい午後に屋外で開くちょっと優雅なティーパーティ

お母さんはイメージを実現するために準備を行い、「せっかくだから」とプロのカメラマンを雇って2人の写真を撮影することにします。

そして、実現したティーパーティの写真がこちらです。

女の子も、警察官も本当に柔らかい表情です。

警察官のことを「私にとってのヒーローだ」と言う女の子にとっては、本当にうれしい時間だったようです。

そして、それは警察官も同じで、招待されたお茶会の後に、地元メディアにこう語ったそうです。

「一命を取り留めたベクスレーちゃんのことを『ラッキーだ』と言う人もいるけど、それは違う。僕は彼女が成長し、家族を築いていく姿を見ることができる。本当にラッキーなのは僕なんだよ」

出典
Chelle Cates PhotographyTammy Hauck NorvellRowlett Police Department

Share Tweet LINE コメント

page
top