grape [グレイプ] society

痴漢を捕まえた被害女性の投稿に反響 「これは苦痛」「心身の負担が大きい」の声

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

※写真はイメージ

合意なく身体に触れる、性犯罪の1つでもある痴漢。

女性専用車両などを設けている路線もありますが、痴漢被害は絶えません。

都内の鉄道警察隊は、駅構内4か所に分駐所を設置。主要駅周辺には女性警察官を配置して相談や、被害届の受理をおこなっています。

痴漢被害にあってから自宅に帰れるまでかかった時間は…

電車で痴漢被害を受けたという渚(@likeasea1212)さん。

「同じ痴漢被害で悩む人たちへ参考にしてほしい」と、犯人を捕まえた時の流れをTwitterに投稿しました。

犯人逮捕の当日

繰り返し続いていた痴漢の犯人を捕まえた渚さん。そのまま駅長室で待機し、駅員と警察官に事情を説明しました。

そこでは、被害届を出す意思があるかを確認され、パトカーで最寄りの警察署へ連れていかれたといいます。

警察官に状況説明と調書作成をするのですが、このような内容を聞かれたそうです。

・何時の電車に乗ったか

・乗車区間

・乗っていた車両

・痴漢に遭った場所(ポールの近くなど)

・痴漢に遭った時間

・犯人の服装や髪型などの特徴

・犯人はどちらの手でどこを、どのように触れたのか

・犯人の顔は見たか

・痴漢をされたときどのように思ったか

再び被害にあった当時のことを、脳内で再生させすべて思い出さなければいけないのは苦痛でしょう。

その後、身分証明書を提出し、全身を撮影した後に再び警察官とマネキンで当時の状況を再現し写真撮影。

警察と調書を読み合わせし、誤りがないことを確認したら拇印を押します。

※写真はイメージ

ようやくこれで終わりかと思えば、ここからパトカーで自宅まで送ってもらい着替えると、痴漢に遭った時の下着とスカートを提出するのです。

これで逮捕当日の工程は終了ですが、ここまでかかった時間はなんと…10時間

拘束時間の長さにネット上では驚く声がたくさん寄せられていました。

出典
@likeasea1212警視庁

Share Tweet LINE コメント

page
top