grape [グレイプ]

良い日として知られる『一粒万倍日』 しかし巫女さんに話を聞くと…

By - 芳雪  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

2020年10月3日は一粒万倍日(いちりゅうまんばいび)。

1つの種が成長して穂になることから、1つのことが何倍にもなるという意味があります。

そのため、何か新しいことを始めるのによい日とされており、宝くじの購入をする人も多くいるでしょう。

主に、『一粒万倍日』に行うといいとされている物事がこちら。

・結婚、結納、入籍、慶事などの婚礼

・プロポーズ、告白

・出生届

・引っ越し

・会社や事業の開始、開業

・財布の新調

・今までためらっていたことを始める

・宝くじの購入

・種まき

・銀行口座の開設、出資

千葉県野田市にある櫻木神社の巫女さんによると、天赦日や一粒万倍日は神社やお寺が発祥のものではなく、『選日(せんじつ)』の1つで、現代の占いのようなものです。

一粒万倍日の注意点を巫女さんに聞いてみた

また、『一粒万倍日』には「1つのことが何倍にもなる」という意味で悪い一面もあるのだとか。

一粒万倍日に、借金などをするのはよくありません。すべての物事を万倍にしてしまう日なので、借金をしてしまうと膨れ上がってしまうといわれています。

『一粒万倍日』は同年10月だけでも3、9、18、21、30日と月に5回やってくるので、知らずに『一粒万倍日』に借金をしてしまう可能性がある人もいるでしょう。

よいことも悪いことも何倍になる『一粒万倍日』。

くれぐれも、悪いことが増えてしまわないように気を付けたい1日ですね!

櫻木神社では特別な御朱印も用意!

今回、取材に協力してくれた櫻木神社では、さまざまな新型コロナウイルス感染症の取り組みを行いながら、参拝者を迎え入れています。

お守りは100種以上取りそろえており、御朱印の種類も5種ありました。

また、御朱印帳と御朱印の郵送頒布も実施しています。気になった人は、ぜひ参拝してみてはいかがですか。


[文・構成/grape編集部]

出典
櫻木神社

Share Tweet LINE コメント

page
top