grape [グレイプ]

セブンイレブンの『とみ田』のつけ麺シリーズを食べ比べ 「冷凍なのがウソみたい」と感動

By - はるの  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

人気ラーメン店の味が、自宅でも手軽に楽しめたら嬉しいですよね。

セブン-イレブンでは、さまざまな人気ラーメン店とのコラボ商品が販売されています。

今回は、つけ麺で有名なラーメン店『中華蕎麦 とみ田』監修の商品を2種類食べ比べてみました!

※この情報は、2021年6月現在の情報をもとにしています。また、商品は地域・店舗・時期により販売されていないケースがあります。

冷凍がウソみたいなおいしさ セブンイレブン『7プレミアムゴールド とみ田つけめん』

地方に住んでいるとなかなか都会で人気のあるものを食べられないので、セブン-イレブンと人気ラーメン店とのコラボはとても嬉しい筆者。

以前から、セブン-イレブンの冷凍食品コーナーに並んでいて、気になっていた人気ラーメン店『中華蕎麦 とみ田』監修の『7プレミアムゴールド とみ田つけめん』を食べてみました。

セブンイレブンの『とみ田つけ麺』シリーズを食べ比べ 「冷凍なのがウソみたい」と感動

濃厚な豚骨魚介スープがとにかくおいしい!そのまま飲むと魚介の味が強いのですが、スープに沈めた分厚いチャーシューの肉汁が溶けて、魚介のダシと豚骨のダシの割合がバランスよくなったような気がしました。

チャーシューがとても柔らかくてジューシーなので、実際にお店で食べているような贅沢さに「冷凍なのがウソみたい…」と驚かされます。

セブンイレブンの『とみ田つけ麺』シリーズを食べ比べ 「冷凍なのがウソみたい」と感動

うどん麺より少し細いくらいの麺がラーメンにしては極太で、少し茶色っぽいのが特徴的。しかし、コシが強くて固めなので歯ごたえがあり、食感はうどんと似ても似つかないでしょう。

つけ麺をラーメン店で注文したことがない筆者としては、『中華蕎麦 とみ田』のラーメンが『つけ麺デビュー』なので、ほかの店のつけ麺の味も知りたくなりました。

SNSでは「ほかのラーメンが食べられなくなるおいしさ」「コンビニのレベルが高い…」と絶賛の声も多数。

セブンイレブンの『とみ田つけ麺』シリーズを食べ比べ 「冷凍なのがウソみたい」と感動

実はこちらの商品、2021年6月15日にパッケージはそのままで、内容量が30gほど増えてリニューアルしています。

以前は420gでしたが、新しくなって450gにアップ!いっぱい食べたい人には朗報でしょう。

『7プレミアムゴールド とみ田つけめん』の価格は451円(税込み)、カロリーは1袋あたり737キロカロリーです。

『7プレミアムゴールド とみ田つけめん』の作り方にびっくり!

「冷凍食品だから、電子レンジで温めるだけ」と思っていた筆者でしたが、作り方は少し変わっていました。

セブンイレブンの『とみ田つけ麺』シリーズを食べ比べ 「冷凍なのがウソみたい」と感動

まず、チャーシューが入った麺・スープを別々に温めます。温まったスープはそのまま皿に入れるだけでOK!

麺は温まった後にチャーシューだけ袋から取り出してスープにイン。ここからがポイントです。

麺は袋に入れたまま、水をジャーッと流し入れて冷やすのですが、袋自体にたくさんの穴が開いていて、そのまま水切りができるようになっていました!

穴に気付かず、ザルをすぐ近くに用意していた筆者は唖然。「最近の冷凍食品ってすごく便利…」と感動しました。

トッピングのチャーシュー3枚が豪華! セブンイレブン『とみ田監修 濃厚豚骨魚介 冷しW焼豚つけ麺』

冷凍食品以外にも、『中華蕎麦 とみ田』の味を楽しめる商品が、セブン-イレブンに登場しています。

セブンイレブンの『とみ田つけ麺』シリーズを食べ比べ 「冷凍なのがウソみたい」と感動

2021年4月にも『中華蕎麦 とみ田』の冷やしつけ麺が発売されていましたが、トッピングに入っていた『味玉』が『チャーシュー増量』になってリニューアル。

セブンイレブンの『とみ田つけ麺』シリーズを食べ比べ 「冷凍なのがウソみたい」と感動

麺の見た目も白くなってさらに『うどん』に近付いたような…。ほぐし水は麺に和えて、トッピングをスープの中に入れるとこんな感じになりました。

セブンイレブンの『とみ田つけ麺』シリーズを食べ比べ 「冷凍なのがウソみたい」と感動

前述でご紹介した『7プレミアムゴールド とみ田つけめん』と比べると、食べるまでの手間がかからず、トッピングもたくさんあるので華やかに見えますね。

セブンイレブンの『とみ田つけ麺』シリーズを食べ比べ 「冷凍なのがウソみたい」と感動

豚骨魚介スープは、豚骨よりも魚介のダシのほうが強くてパンチのある味がしました。トッピングの辛味噌を混ぜたことで、ピリッとした辛さがアクセントに。

チャーシューは3枚入っていて厚さはそこまでないものの、しっかりジューシーな肉っぽさを感じられました。

麺の見た目はリニューアル前と大幅に変わりましたが、コシの強さや弾力は、冷凍つけ麺とほとんど変わらなかったです。

SNSでは「最高の満足感に包まれてる」「スープも全部飲みたくなる」との声もありました。

『とみ田監修 濃厚豚骨魚介 冷しW焼豚つけ麺』の価格は594円(税込み)、カロリーは1個あたり838キロカロリーです。

近くに『中華蕎麦 とみ田』がある人もない人も、本格的なお店の味を手軽に楽しんでみてはいかがでしょうか。


[文・構成/grape編集部]

Share Tweet LINE コメント

page
top