「マジでほぼ毎日食ってる」 チキラーをアレンジしたら、本家を超えた?

「すぐおいしい、すごくおいしい」のキャッチコピーで知られる、日清食品株式会社の『チキンラーメン』(以下、チキラー)。

発売から50年以上たったいまも愛されているチキラーですが、「長年食べすぎて、ちょっと飽きてきたかも…」という声も。

しかし、そんなマンネリを打破するアレンジレシピがネット上で話題を呼んでいます!

本家のレシピをアレンジ

しめじろう(@shimeji12171)さんが考案したレシピは、チキラーをつけ麺風にアレンジするというもの。

ちなみに、チキラーの公式ウェブサイトにも『かまたま』という名で似たようなレシピが掲載されています。

しめじろうさんのレシピは、そこに少し工夫が加えられていて、そのひと手間が劇的に味を進化させているのです…!

一体どれだけおいしくなるというのでしょうか。これは試さずにはいられない…ということで、調理開始です。

材料

  • チキンラーメン 1袋
  • 青ネギ 好きなだけ(小口ネギでも代用可)
  • 卵 1個
  • ごま油 大さじ1杯(好みで調節可)
  • 塩 小さじ1杯
  • コショウ 小さじ1杯

作り方

  1. チキンラーメンを、鍋で1分間煮込む。熱湯をそそぐ場合は、丼に入れためんに熱湯をそそぎ、フタをして3分間待つ。
  2. 煮込んだ後、めんとスープを分ける。
  3. スープに、卵の白身・塩・コショウ・ごま油を加える。
  4. めんに、卵の黄身と青ネギを盛る。

調理開始

そうそう、この香り…!食欲をそそるなぁ。

一瞬、箸に手をのばしかけたものの、この先に極上の味が待っていると信じて我慢しました。

その後、めんとスープを別々に分けます。

さぁ、ここからが勝負です!

スープのほうに、卵の白身だけを投入。よくかき混ぜてください。

塩とコショウで軽く味をつけたら…。

ごま油をたら〜り。スープはこれで完了です!

めんのほうは、中心部分にくぼみを作り、そこに卵の黄身をのせましょう。

その後、青ネギで彩りを加えたら、チキラーのアレンジレシピの完成です。

いつものチキラーより、豪華に見える。

早速、黄身を割りほぐしてめんに絡めた後、スープにつけて食べてみたところ、スタンダードのチキラーよりもマイルドな味わいに驚きました!

塩とコショウのスパイスも効いていて、もはや自分が知っているチキラーとは別物。

まるで本格中華料理の店で出てきそうなコクは、深夜に食べたくなる味といえます!

しめじろうさんが「マジでこれほぼ毎日食ってる」というのも納得のおいしさでした!

さらにおいしく

スープに白身を投入する時、スープを熱々にすることで、かき卵風にすることもできます。

また、スープににんにくを加えてもおいしくなりそうですよね。

工夫次第で、もっと奥深い味を追求できそうなこちらのアレンジレシピ。ぜひ試してみてくださいね!


[文・構成/grape編集部]

出典
@shimeji12171

この記事を友だちにシェアしよう

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

grape SHOP




grape SHOP

おすすめ記事














検索

週間アクセスランキング TOP10











気になるしゃべりを掘りおこす「しゃベル」ニッポン放送
PageTop