感情を揺さぶる少女の歌声に鳥肌 「まるで天使」と絶賛される

出典:Facebook

故レナード・コーエンの代表曲『ハレルヤ』を歌う10歳の少女の歌声に、多くの人が胸を熱くしています。

少女の名前は、カイリー・ロジャースちゃん。北アイルランドにある、ドナガディーという小さな港町で暮らしています。

彼女が注目を集めるきっかけとなったのは、学校の合唱団のクリスマス・コンサートの映像でした。

彼女の歌声に深く感動したニコーラさんという女性が「リードボーカルの子の歌声が、とっても素晴らしいの!」とキャプションつきで動画を紹介。

すると、多くの人から「感動の涙が止まらない…」と称賛の声が寄せられ、たった3日間で40万回以上も再生されるほど話題を読びました。

早速カイリーちゃんの歌声をお聴きください。

「最高の贈り物だ」との声も

クリスマスコンサートで披露された『ハレルヤ』は、1984年にレナード・コーエンがリリースした一曲で、今までにボン・ジョヴィをはじめとした、数々の著名なアーティストがカバーしてきました。

彼女の歌声を聴いた人からは…

  • 今までに聴いた中で、一番素晴らしい『ハレルヤ』だと思う。
  • なんて素晴らしいシンガーなんだろう。美しい歌声に魅了されたよ。
  • まだ小さな少女が歌っているとは思えないよ。
  • レナード・コーエンは、彼女の『ハレルヤ』を気に入るに違い無い。
  • 曲のタイトルを『最高の贈り物』と変えたほうが良いね。

と、多くのコメントが寄せられています。

校長先生も驚いたパフォーマンス

カイリーちゃんが通う学校は『キラー・ハウス・スクール』という特別支援学校で、障がいを抱え、特別な教育を必要とする子どもたちが通っています。

彼女もまた、自閉症と注意欠陥・多動性障がいを抱えています。

今回の評判を受け、校長のコリンさんはイギリスのテレビ局UTVに対してこう語っています。

「彼女はあまりしゃべることはなかったし、本を読むこともありません。それでも、あんなに素晴らしいパフォーマンスを見せてくれて驚いています」

UTV ーより引用

聴く人の魂に訴えかける歌声を持つカイリーちゃん。今回のパフォーマンスは、間違いなく彼女の自信につながったのではないでしょうか。


[文/grape編集部]

出典
Nichola Martin

この記事を友だちにシェアしよう

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly
grape アワード

grape SHOP




grape SHOP

おすすめ記事














検索

週間アクセスランキング TOP10











気になるしゃべりを掘りおこす「しゃベル」ニッポン放送
PageTop