大人ではない、子どもだからこそできること… あなたは何か分かりますか?

子どもには、できないことがたくさんあります。

身体は小さいし、体力もあんまりないし、技術だってまだまだ足りない。

23048_01

でも、そんな子どもだからこそ、出来ることがあるんです。

それは、なんだと思いますか?

少年は言います。

「いつか僕が、世界記録をぬりかえてやる」

23048_02

少女は言います。

「世界一、上手くなるから」

23048_03

子どもたちの持っているもの、それは計り知れないほどの可能性。

子どもだからこそ、大きな夢を信じることができるんです。

私たちに出来るのは、子ども達の夢を信じること

リオオリンピックでは、出場選手の他、夢に向かって頑張る子ども達が開会式の行進に参加します。

これは『マクドナルド オリンピックキッズ』という取り組みで、スポーツ界の未来を担う各国の子ども達に、彼らの目指す『世界』を体感してもらおう!という試みだそうです。

23048_04

日本からは、柔道家で金メダリストの野村忠宏さんの息子・野村基晴くんをはじめ、女子最年少の7歳でホノルルマラソンを完走した少女や、小学2年生で組手の世界チャンピオンになった空手少女など、計8名が『マクドナルド オリンピックキッズ』として参加します。

子ども達の夢を信じることは、子どもの幸せを願うこと

その想いが詰まった動画の再生回数は公開後3日間で100万回を突破しました。

さらに、8月5日からは、東京オリンピックの正式種目に決定した「サーフィン」に取り組む少年を追加した特別バージョンも公開。

23048_07

子どもの夢が大きく育っていくには、周りの大人のサポートが必要です。

夢に向かって突き進む彼らを見守り、応援する大切さ。そんな大人にしか出来ないことを、改めて考えてみませんか?

提供
日本マクドナルド

この記事を友だちにシェアしよう

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly
grape アワード

grape SHOP




grape SHOP

おすすめ記事














検索

週間アクセスランキング TOP10











気になるしゃべりを掘りおこす「しゃベル」ニッポン放送
PageTop