grape [グレイプ]

「母の日に本当に欲しいものは…」母親たちのリアルな本音に思わず共感

By - grape編集部  作成:  更新:

Share Tweet LINE

もうすぐ母の日。遠く離れて暮らす母親へ、あなたは今年、どんなものを贈るのでしょうか。

カーネーション、アクセサリー、洋服…。毎年いろいろなギフトを選んでいる人も多いのでは。でも実は、母親が本当に望んでいるのは、『こんなギフト』なのかもしれません。

毎日の中にある、かけがえのない瞬間

新しい家族との初対面

お母さん、生まれたよ!

新しい家族の誕生の瞬間を、動画に収める新米パパとママ。遠く離れて暮らす両親へ、いまという幸せな瞬間を届けます。

野球で活躍する息子の姿

パパ、ママ、ヒット打ったよ!

野球で活躍する弟の雄姿を、夢中になってスマホで撮影する女性。

すると、息子の応援に行けずに残念がっていた両親のもとに、娘が撮った動画が送られてきました。テレビの中に映る、息子の姿に思わず…。

上京する息子からのビデオレター

大きくなって帰ってくるよ。

電車に乗って都会へ旅立つ息子に、いつまでも手を振って見送っていた母。いままで照れくさくて直接伝えられなかった感謝の気持ちを、彼はビデオレターにして実家へ送ります。

自宅のテレビで息子からのメッセージを受け取る家族。いつの間にか大人になっていた息子の姿に、母の目からは涙があふれます。

遠く離れて暮らしていると、顔を合わせて話す時間は減ってくるもの。でも、こんな風に、日々の何気ないシーンを共有することで、家族の想いは距離を越えて繋がることができるのかもしれません。

心あたたまる家族の繋がりを描いたこちらの動画は、パナソニックが公開したもの。

遠く離れて暮らす親子が、スマホで撮った写真や動画を簡単に共有できる『おうちクラウドディーガ』での交流を通して、絆を深める様子が感動的かつリアルに描かれています。

母が本当にほしい『ギフト』は…

今回、パナソニックは親と同居していない『子世代』男女2000人と、子と同居していない『親世代』男女300人を対象に、親子のコミュニケーションに関する調査を実施。30~40代の子世代に対し、母の日に贈るギフトを聞くと…。

  • 1位:お花(47.9%)
  • 2位:ケーキ・お菓子・果物など(28.4%)
  • 3位:服飾雑貨・小物(20.1%)

やはり、カーネーションや洋服など定番のギフトを選ぶことが多いようです。では、母親が「本当に欲しい」と思っているギフトはどんなものなのでしょうか。

  • 1位:子や孫と一緒の時間を過ごすこと(23.5%)
  • 2位:お花(18.6%)
  • 3位:子どもや孫の写真・動画(17.6%)
  • 4位:子どもや孫からのメッセージや手紙(14.7%)

上位を占めているのは、子どもや孫に関連するものばかり。遠く離れて暮らす母親にとって本当に嬉しいのは、モノをもらうことではなく「子どもや孫の元気な姿を見ること」なのかもしれません。

一方、子世代も、4人に3人が「離れて暮らす親に孝行したい」と答えていて、2人に1人は「親との時間をもっと作りたい」と願っているそう。

また、離れて暮らす親子に、理想のコミュニケーション頻度を聞いたところ、子・親世代共に、平均で『月に約5回』という回答だったとか。「頻繁には会えなくても、繋がっていたい」という想いは、親子で同じのようですね。

SNSなどでいろいろな人と繋がることができるようになった昨今。一番身近な家族との繋がりもより大事にしたいもの。

大きくなった子どもの姿を見せてあげたい、誕生日のお祝いメッセージ動画を送りたい、海外で挙げた結婚式での花嫁姿を見せたい…。

遠く離れて暮らす両親に直接会いに行くことは難しくても、『おうちクラウドディーガ』という新たなツールが、家族を繋げてくれる1つの助けになるかもしれません。

今年の母の日、遠く離れた両親と、あたたかい時間を過ごしてみてはいかがでしょうか。


  • (※)調査概要(パナソニック調べ)
  • 調査時期:2018年3月2日(金)~3月4日(日)
  • 調査方法:インターネット調査
  • 調査対象:子世代…関東(1都6県)関西(2府4県)在住の30~40代既婚男女2000人/親世代…全国の30~40代の既婚男女を子どもに持つ男女300人

[文・構成/grape編集部]

Share Tweet LINE