grape [グレイプ]

「まだ帰りたくない!」出口でダダこねる子続出 楽しすぎな最新『遊び場』

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE

年末年始は、クリスマスにお正月と、子どもたちには楽しみがいっぱいです。

ただこの時期、小さな子どものいる家庭では、こんなお悩みも…。

休みが長いと、子どもが退屈して煮詰まる!

大人は家でゆっくり過ごすだけでも満足できますが、子どもはどこかに連れて行かないと飽きてしまいがちです。

そんな時、気軽に行けて便利なのが、デパートや大型のショッピングモールの中にある『屋内遊び場』。室内なので暖かいのはもちろん、ジャングルジムやボールプールなど、いろいろな遊具があって、子どもたちも大喜びしてくれるはずです。

しかも、最近はそんな『屋内遊び場』が、さらにワクワク、ドキドキするような進化を遂げているのです!

まるで近未来 デジタル技術を駆使した『遊び』

幻想的な光の映像が映し出されたこちらのボールプール。数万個のボールにプロジェクションマッピングを駆使していて、映像の的に向かってボールを投げたり、ボールの海で泳いだり…身体全体を使って遊ぶことができます。

普通のボールプールだけでも楽しめるのに、こんな仕掛けがあったら、ますます子どもは夢中になりそうです!

このキラキラのボールプール『ZABOOM(XFLAGバージョン)』があるのは、お台場の大型ショッピングモール『ダイバーシティ東京プラザ』5階にある、『Little Planet × XFLAG ダイバーシティ東京プラザ』(通称、リトエク)

デジタル技術を活用した体験型知育デジタルテーマパークで、子どもたちの探求心や創造力を刺激する仕掛けにあふれています。

パーク内には子どもだけでなく、大人も思わず夢中になってしまうような魅力的なアトラクションがたくさん!ほかにはこんなものも…。

砂山を掘るとマグマが!?天地創造を体感できるAR砂遊び

2017年のキッズデザイン賞にも選ばれたというAR砂遊び『SAND PARTY!』

センサーで砂の高低差を読み取り、砂場の形状に合わせて、さまざまな映像を映し出します。

砂山に穴を空けるとマグマが噴き出したり、小川を作ると中で魚が泳いだり、小さな生き物を虫眼鏡で発見したりと、いろいろな遊びかたを楽しめます。

抗菌・防カビを施した特殊な砂を使用しているので、小さな子どもでも安心ですね。

モンストとコラボ!クリスマス限定バージョンも

『Little Planet』は福岡や埼玉にも常設されていますが、ここ『Little Planet × XFLAG ダイバーシティ東京プラザ』は、スマートフォンアプリのひっぱりハンティングRPG『モンスターストライク』(以下、モンスト)をはじめとしたサービスを提供するXFLAGとのコラボ店舗。そのため、ここでしか体験できない知育アトラクションもあるんです!

アトラクションには、モンストのキャラクター『オラゴン』や、Little Planetではおなじみのキャラクター『モグー』が登場したり、パーク内にはグッズ販売コーナーを併設したりと、モンストファンにとっても楽しい施設となっています。

コラボアトラクションの1つ『PUZZLE DUNGEON』は、キューブパズルを解くと、画面に映し出された『オラゴン』が、ドリルで地下に掘り進めていきます。立体感覚を育み、自分でできた喜びが体感できそうですね!

また、2018年12月18日~12月25日のクリスマス期間には、オラゴンがクリスマス仕様の『トナカイオラゴン』になってゲームに登場します!

ファンタジーの世界に入り込んだかのような写真を撮影できる『MAGIC GREETING』も、クリスマス期間限定の仕様に!いつもとは違う思い出作りができそうです。

『クリスマス ランタン』が作れるワークショップも開催

クリスマス時期ならではのイベントはほかにも!特別プログラムとしてワークショップでは、『オリジナル クリスマスランタン』を作ることができます。

作りながら電気の仕組みを学べ、完成したランタンは持ち帰ることができますよ。

制作にかかる時間は30分程度。親子で気軽に参加してみてください。

子どもも大人も思いっきり楽しめる遊び場、『Little Planet × XFLAG ダイバーシティ東京プラザ』。

この冬の思い出づくりに、ご家族で足を運んでみてはいかがでしょうか。


[文・構成/grape編集部]

Share Tweet LINE

page
top