郵便局「ココに切手を貼らないで!」実は知らない人が多かった…!

誰かに手紙を送ったり、小さなものを送ったり…デジタル化が進むこのご時世でも、封筒を使って郵便を送ることって多いですよね。

23884_01

いつも何気なく貼っている切手ですが、実は『切手の正しい貼り方』があることをご存知ですか?

正しい貼り方をするだけで、郵便局で働く人たちがスムーズに仕事をすることができるんです。

横書きの封筒に切手を貼る時は、こうだ!

皆さんがよく目にする縦書きの封筒は、ご存知の通り左上に切手を貼ります。

23884_02

問題なのは、横書きの封筒。もしかして…縦書きと同じく、このように貼ったことはありませんか?

23884_03

コレは間違い!

郵便番号を書く枠が印刷されていないと、ついつい勘違いしてしまいがちですよね…。しかし、正しくはこうなのです!

23884_04

横書き封筒の場合、切手を貼る位置は封筒の右側

知っている人は「当たり前じゃん!」と思うかもしれませんが、案外知らない人が多いんです。日本郵便のQ&Aには、このように書かれています。

郵便切手は郵便物の表面の左上部(横に長いものは、右上部)に貼っていただくようお願いいたします。

日本郵便 ーより引用

切手の正しい貼り方に、ネットでも「知らなかった!」という声が多数!

  • 左上統一だと思ってた…
  • たまに、左上に切手貼る場所が印刷されてる横書き封筒もあるよね
  • あ~、これ子どもに注意したことあるなあ
  • 郵便屋さんごめんなさい…いつも左上に貼ってました…

なんで、横書きは左側じゃないの?

郵便の消印作業は、機械で行っています。しかし横書き封筒の左側に切手が貼ってあると、機械が読み取れないのだとか。

消印を押す機械は、縦長封筒の切手の位置を基準に設定されており、横長封筒も縦にしてこのようにセッティングされるからです。

23884_06

読み取れなかった封筒は、手作業で消印を押さなくてはなりません…。間違った貼り方の封筒が多いほど、余計に時間がかかってしまうわけですね。

【結論】
縦書きは左側、横書きは右側に切手を貼るべし!

23884_07

切手を正しい場所に貼るだけで、郵便局での作業がスムーズに進みます。

毎日大量の郵便を配達してくれる方たちのために、これからは正しい切手の貼り方で送りたいですね♪

出典
日本郵便

この記事を友だちにシェアしよう

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

grape SHOP




おすすめ記事









検索

週間アクセスランキング TOP10











気になるしゃべりを掘りおこす「しゃベル」ニッポン放送
PageTop