「自分の人生には意味がある」個性を活かして居場所を見つけた青年

出典:YouTube

カナダ・トロントにあるスターバックスコーヒーで、「踊るバリスタ」と呼ばれる10代の青年が話題になっています。

彼の名前はサムさん。彼は自閉症をもっており、体の動きをコントロールをするのが難しく、じっとしていることが苦手でした。

18868_02

出典:YouTube

バリスタとして働くサムさんは、最初、この仕事を続けることは無理だと思っていました。そんな不安な気持ちに寄り添ってくれたのは、マネージャーのクリスさん。

18868_01

出典:YouTube

クリスさんは、「その動きを踊りに変えればいい!」と提案し、一緒に努力をしてくれたそうです。

踊りながらバリスタの仕事をこなすのは、とても難しい挑戦でした。しかしクリスさんは、サムさんの能力を信じ、長い月日をかけ彼と二人三脚で「踊るバリスタ」を誕生させたのです!

本当に楽しそうに仕事をするサムさんと、隣で見守るクリスさんの姿に心が温かくなるのを感じました。

踊りながら丁寧に仕事をするサムさんの表情は生き生きとしています。

彼は踊ることで自分の仕事に自信を持てるようになり、生まれて初めて両親に「自分の人生には意味がある、生きていてよかった」という言葉を伝えたそうです。

優しい上司の支えと、個性を活かして、自分にしかできないことを見つけたサムさん。これからも自分らしく、楽しく仕事を続けてほしいです!

出典
Autism barista or AKA dancing barista

この記事を友だちにシェアしよう

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

注目記事

あわせて読みたい

新着記事

おすすめ記事










週間アクセスランキング TOP10











気になるしゃべりを掘りおこす「しゃベル」ニッポン放送
PageTop