超簡単!!『古米』を『新米』なみに美味しく炊く方法が話題【知ってる?】

TVの情報番組などでも取り上げられているので、知っている方もいると思いますが、ほぼ手間なしでご飯をモチモチ、ツヤツヤ、ふっくら炊く方法があるんです。

早速ご紹介します。

まずは超簡単な方法

11725_11

研ぎ終わったお釜に氷を2個入れる

これだけです。
後は普通に炊飯ボタンを押して、いつも通り炊きあがったご飯を15分ほど蒸らすだけ。

これじゃ物足りない、もっと拘りたいというあなたに、研ぎ方から裏技まで美味しくお米を炊く方法のすべてをご紹介します。

お米の炊き方完全ガイド

研ぎ方

11725_12

1、浄水、またはミネラルウォーターをボウルにはります。

2、計量したお米を一気に1のボウルの中へ入れます。

3、お米は研がずに、なでるように優しく洗いましょう。

お精米は最初に水に触れたときが最も水を吸収します。米に水を注ぐ方法だと吸水にムラができるため、最初は水の中へお米を入れる方が望ましいです。また、水の温度は15度前後がベストとのことです。

◎ポイント

最初の水はサッと研いだらできるだけ早く捨てましょう
研ぎ過ぎも厳禁、2回ほど水を入れ替えてれば十分です。研ぎすぎると、でんぷん質が流れ甘みが抜けてしまいます。

お米を休ませる

研ぎ終わったお米をざるに上げ、適度に休ませましょう。固く絞ったふきんをかけ、1時間程度、休ませます。 こうすることで、吸水具合のムラがならされて炊きあがりが安定します。

お米に吸水させる

休ませたお米をお釜に移し、浄水かミネラルウォーターを炊飯器のメモリ通りに注ぎます。

そしてそのまま、『夏は30分』『冬は2時間』ほど吸水させましょう。 ここでも水の温度は15度以下が望ましいです。

裏技! 炊く直前のひと手間で美味しく

お米に氷を入れて炊く

11725_11

お米をとぎ炊く準備が出来た炊飯器の中に、氷を入れて炊きます。 氷を入れて炊くと、米の吸水がゆっくりになるため、良質の粘りが強くなり、パサパサ感が減少します。 冷蔵庫などで冷やした水で炊いても、同様に美味しく炊き上がります。

古いお米にお酒を入れて炊く

11725_13

精米してから時間が経ったお米は、日が経つと味が落ちます。 そこで、お酒を大さじ1~2杯入れて炊くと新米のように炊き上がります。 お酒には、食材をふっくらさせる働きがあります。

お米にみりんを入れて炊く

みりんには、つやを出す効果があるので、お米に入れて炊くとふっくらツヤツヤのお米になります。 量は小さじ半~1杯の割合で炊きます。 みりんの成分が米に浸透して、高級ブランドのような美味しいお米になります。

お米に炭を入れて炊く

11725_14

炭は、豊富なミネラル分と遠赤外線を放出するので、ふっくらとした口当たりの良い美味しいお米になります。 さらに、塩を少量入れると美味しさが更にアップします。

蒸らす

炊飯が終わったらすぐに蓋を開けずに10~15分程度蒸らします。 その後しゃもじで釜の底から返すようにご飯をさっくりと混ぜましょう。

蒸らさない方が、米本来の味が楽しめるという料理人もいますので、こちらはお好みで試してみましょう!

これで完了!日本人ならお米はやっぱり美味しく食べたいですよね。

出典
setuwaza.comnhk.or.jprakuten.co.jpshokuikuclub.jpd.hatena.ne.jptrendnewsnews.comnk-happy.commizt.ctsnet.ne.jpozeki.co.jpokasen.comgnavi.co.jp

この記事を友だちにシェアしよう

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

おすすめ記事












検索

週間アクセスランキング TOP10











気になるしゃべりを掘りおこす「しゃベル」ニッポン放送
PageTop