grape [グレイプ] trend

見たところ、由緒正しき寿司店 しかし『とんでもないもの』を提供していた!

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE

2017年の流行語大賞にも選ばれるほど、『インスタ映え』というワードが巷を騒がせている昨今。

カラフルで可愛いスイーツや、思わず喉が鳴ってしまう料理などの写真が、ネットにあふれる中、ある意味フォトジェニックともいえる、驚きのスイーツが話題になっています。

那須塩原のご当地スイーツ『とて焼き』

日本有数の温泉地で知られる、栃木県・那須塩原市

そんな那須塩原に、ここでしか食べられないユニークなご当地スイーツがあることをご存知でしょうか。

小腹が空いた時に、食べ歩きするのにぴったりな『とて焼き』

那須塩原市産の牛乳と卵を使った生地で具材をくるっと巻いた、クレープやどら焼きとはまた違う、新しいスイーツです。

とて馬車

塩原温泉には、観光客を乗せる『とて馬車』が走っていて、「トテトテー」と鳴るラッパ型のクラクションが『とて焼き』のモチーフになっているとか。

奥深い!『とて焼き』の世界へようこそ

ここでしか食べられないなら、行くっきゃない!!!

というわけで、那須塩原の温泉街へ。歴史ある中心街に並ぶ、昔ながらの飲食店が、それぞれ趣向をこらした『とて焼き』を提供しています。

ひとくちに『とて焼き』といっても、具材はさまざま。

フルーツやクリームなどのパフェ風のものから、あんこや黒蜜といった和菓子風のものまで、甘党にはたまらないラインナップですよね。

でも、ただのスイーツに収まらないのが、『とて焼き』の面白いところ。

クリームコロッケや豚の角煮、地鶏のつくね、日本そばと天ぷらなどを巻いた、『お食事系とて』も楽しめちゃうのです!

どれも食事処や旅館が生み出したからこそ味わえる、計算された新感覚のおいしさ。お手軽なランチにもぴったりですよ。

ソレも巻いちゃう!?ぶっとび『とて焼き』の破壊力

王道スイーツ系から、変わりダネ系まで、個性豊かな『とて焼き』を堪能して大満足。

…と思いきや、とんでもないぶっとび系『とて焼き』があると聞き、早速お店へ向かいます!

しかし、そこはどう見ても老舗の寿司店。「店を間違えてないかな…」と、恐る恐る大将に『とて焼き』を注文したところ、出てきたのは…。

た、大将…!?ウソでしょ!!!

な、な、なんと、生地の中には、漬けマグロ、かんぴょう、卵焼き、きゅうり、いくらなどのネタが巻かれた寿司が!

『幸楽寿司』の大将

「ご飯と合うように生地を卵焼き風に仕上げて、パサつかないようにいくらを入れたことがこだわりです!」

そう話すのは、斬新な『寿司とて』を提供している『幸楽寿司』

見た目はインパクトがありますが、ふんわりとした生地が卵焼きのような食感で、甘じょっぱい具材と見事にマッチ。まさに、寿司店だからこそなせる技がつまった逸品です!

個性豊かな味を楽しめる、那須塩原の『とて焼き』は、全13種類!選ぶのが楽しくなっちゃいますよね。

7色の湯!?温泉だって個性豊か!

そんな那須塩原ですが、たくさんあって迷ってしまうのは『とて焼き』だけじゃないのです。

豊かな自然に包まれた名湯に魅了され、名だたる文豪が足しげく通って心身を癒したといわれる、塩原温泉郷。

7色の温泉(※3)

実は、乳白色緑白色黄金色茶褐色黒色薄黒色透明という、まるで宝石箱のような7色の温泉を楽しめる珍しい場所です。

色だけではなく、泉質・効能もさまざま。全色入ってもよし、自分にぴったりな温泉を堪能するもよし。

グルメも温泉も、「自分好みのものを選ぶ」という、欲張りな楽しみかたができる那須塩原市。あなたも、『自分だけの那須塩原』を満喫しに行ってみてはいかがでしょうか。


(※1)上の段・左から、塩原もの語り館『べジソフトとて』・栄太楼『きまぐれなとて』・亀屋本舗『和スイーツとて』・今井屋製菓『黒ミツきな粉とて』/下の段・左から、若松堂『和風とて』・藤屋『フルーツパフェとて』・美由堂『和珈琲COOLとて』・鈴木屋『とちおとめヨーグルトとて』

(※2)上の段・左から、花水木『クリコロとて』、銚子屋『角煮とて』/下の段・左から、湯の花荘『湯の花地鶏とて』・湯津上屋『そば舞カレーとて』

(※3)上の段・左から、乳白色『渓雲各』、緑白色『元泉館』、黄金色『かんぽの宿』、茶褐色『明賀屋(露天)』/下の段・左から、黒色『大出館』・薄黒色『明賀屋(内湯)』・透明色『佐か茂登』


[文・構成/grape編集部]

Share Tweet LINE

page
top