grape [グレイプ]

「何度言ったら分かるの!」40代男性の『夫婦ケンカ』の理由、第1位はやはり…

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE

4月は新生活が始まる時期。

就職や転職に異動…新しい場所で、新しいことを始めるという人も多いのではないでしょうか。

※写真はイメージ

そんな新生活に欠かせないのが、新しい居住空間。特に引っ越しをする人にとっては、新しい部屋が快適な空間であることはとても大切です。

中でも、部屋の空気をキレイにすること…『No!けむハラ』を意識すれば、気持ちよく新生活のスタートを切れるはずです。

部屋の空気を汚す理由はやっぱりアレ

そもそも「なぜ部屋の空気は汚れてしまうのか」をご存知ですか。

さまざまな要因がありますが、よくある原因は次の3つ。

・花粉が気になって換気しない。

・ペットと暮らしている。

・室内で紙巻たばこを吸う。

※写真はイメージ

中でも、部屋の空気を汚してしまう大きな原因は、室内での紙巻たばこの喫煙です。たとえ換気扇の下で吸っても、壁にヤニがつき、ニオイが部屋の中に残ってしまいます。

特に非喫煙者にとって、たばこの煙はお世辞にも快適とはいえません。煙の悩みについて愛煙家のパートナーと話し合うことも大事です。そのきっかけとなりそうなのが、『No!けむハラ』の活動。

『No!けむハラ』

『けむハラ』とは、たばこを吸う人のたばこの煙によるハラスメントのこと。愛煙家にとっては気にならない煙が、非喫煙者の気分を害してしまうことは珍しくありません。

たばこの煙に対して、非喫煙者が勇気をもって意思表示をする活動を『No!けむハラ』といいます。

非喫煙者としては、まずは『禁煙』を勧めたいかもしれません。しかし、お互いの嗜好などを考えると難しいこともあります。

そこで折り合いをつけるのが、加熱式たばこ。加熱式たばこは火を使わず、加熱して"蒸気"を出すたばこです。紙巻たばこを加熱式たばこに切替えることで、『けむハラ』はなくなるのです。

実際に、紙巻たばこから加熱式たばこに切替えた、20代後半の新婚男性は「妻の愚痴が減った」と語ります。

20代後半・新婚男性の場合

5年間、紙巻たばこを吸っていました。

結婚当初から、妻に「(紙巻)たばこをやめて」といわれていましたが、やめるつもりがなくて…。

そんな時、会社の先輩が加熱式たばこを使い始めたんです。

加熱式たばこに切替えた先輩の話を聞くうちに「興味を持った」という20代男性。

営業の合間に立ち寄った専門店で、説明を聞いているうちにメリットを感じ、その場で購入したといいます。

加熱式たばこに切替えて、煙に関する妻の愚痴がなくなりました。

特に、洋服についてしまうニオイが気にならなくなったことや部屋の空気が変わったことを喜んでいました。

いまでは「もう紙巻たばこに戻さないでね」と念押しされています(笑)。

40代後半・既婚男性の場合

会社では管理職という立場の40代男性も愛煙家。

結婚15年になるという夫婦生活を振り返り、「もめごとのほとんどはたばこに関するものでした」と語ります。

ずっと「やめて」といわれ続けてきたのですが…。

家ではなるべく吸わないようにしていましたが、スーツについたニオイに「くさいっ!」と、よく怒られました。

まあ、気持ちは分かりますね。ただ、あまりにも強くいわれて反論してしまい…ケンカになった経験はたくさんあります。

両親からも「やめろ」といわれながら紙巻たばこを吸い続けていた40代男性。

しかし、今年のバレンタインデーに突然妻から加熱式たばこをプレゼントされ、「切替えることになった」と語ります。

最初はあまり気が進まなかったのですが、結果として加熱式たばこにして正解でした。

ニオイだけでなく、ヤニが壁につきにくく、灰も出ません。

火を使わず加熱するため、消し忘れる心配もなく、火事のリスクが低いのも気に入っています。

もちろん、本音は「禁煙すること」だといいますが、加熱式たばこに切替えたことに満足しているという妻。

「妻の表情が変わった」と笑顔で語る姿が印象的でした。

喫煙者も、非喫煙者も、気持ちよく暮らすために

たばこに対する評価が年々厳しいものになっている…喫煙者は口をそろえていいます。しかし、本当に厳しく見られているのは、たばこを吸うこと以上に喫煙者のマナーなのではないでしょうか。

「たばこを吸うために、非喫煙者に迷惑をかけない」という意識は喫煙者全員が持つべきもの。一方で、非喫煙者は、たばこを吸う人の煙によるハラスメントに対して勇気をもって意思表示をしたいもの。

加熱式たばこの情報をキャッチしたり、喫煙するパートナーと話し合うきっかけになりそうなのが『No!けむハラ(ケムハラ)』活動です。吸う人も吸わない人も心地よい生活をつくるための解決策の1つが、加熱式たばこなのでしょう。

『No!けむハラ』のウェブサイトには、加熱式たばこに関するさまざまな情報が掲載されています。

紙巻たばこから煙の出ない加熱式たばこに切替えて、部屋の空気をキレイに保つことが、新生活のスタートを気持ちよく切るためのキッカケになる…少なくとも選択肢の1つといえます。

環境が変わる時期だからこそ、一度考えてみてはいかがでしょうか。

※写真はイメージ


[文・構成/grape編集部]

Share Tweet LINE

page
top