grape [グレイプ]

眞子さま・佳子さまの『十二単姿』が、話題 「美しすぎる」「リアルお雛様」

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

2019年10月22日、東京都にある皇居・宮殿で『即位礼正殿の儀(そくいれいせいでんのぎ)』が執り行われました。

天皇陛下の即位を国内外に披露するこの儀式で、天皇陛下をはじめとする皇族方は平安時代から続く伝統的なご装束をお召しになっています。

秋篠宮家の眞子さま、佳子さまも、今回初めて十二単を身につけられました。

厳かな気品に満ちたお姿に、うっとりしてしまいますね…!

産経ニュースによると、十二単の一番上に着ている『唐衣(からぎぬ)』などは平成の即位礼正殿の儀で使われたものを再利用されたといいます。

【ネットの声】

・眞子さまと佳子さま、お二人ともそれぞれに美しかった。

・まるでかぐや姫のよう。

・最高に艶やか。ずっと見ていられる…。

・リアルお雛様。本当にきれいで驚いた。

即位儀礼と結婚の際に限られる、女性皇族の十二単姿。歴史を彩る貴重なシーンに、多くの人が心を打たれたことでしょう。


[文・構成/grape編集部]

出典
産経ニュース@Sankei_news

Share Tweet LINE コメント

page
top