grape [グレイプ]

『悠仁さまナイフ事件』容疑者が逮捕 「改元前に捕まってよかった!」の声

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

2019年4月26日、東京都文京区にあるお茶の水女子大学附属中学校で起こった、秋篠宮ご夫妻の長男である悠仁さまの机の上に2本の包丁が置かれる事件。

何者かによって、悠仁さまの机と隣の机の間に2本の包丁が粘着テープで棒に固定され、乗せられていました。刃の部分はピンク色に塗られていたとのことです。

『悠仁さまナイフ事件』の容疑者が逮捕

同月29日、事件当日に学校へ侵入した50代の男性が建造物侵入容疑で逮捕されました。

事件当日、水道工事業者を装って学校に侵入した容疑者。インターホンや監視カメラの映像を元に、警察は捜査を進めていました。

産経ニュースによると、容疑者は警察の調べに対し、「学校に入ったことは間違いない」と容疑を認めているとのこと。

また、男性の関係先として京都市が浮上しているため、動機や経緯を詳しく調べる予定だそうです。

悠仁さまを狙った、恐ろしい事件。ネット上では「改元前に犯人が捕まってよかった!」「GW中に捕まってよかった」という声が上がっています。

きっと、今回の事件は天皇陛下のお耳にも届いていたことでしょう。譲位を前に、安心されたのではないでしょうか。


[文・構成/grape編集部]

出典
産経ニュース

Share Tweet LINE コメント

page
top