真っ黒な新幹線が現れた! あまりにカッコイイその姿に歓声が上がる!

2016年の春から運用が予定されている、JR東日本の一風変わった新幹線「GENBI SHINKANSEN(現美新幹線)」が、1月12日初めて報道陣に公開されました。

真っ黒い車体に戸惑う声も聞こえ、鉄道ファン以外からも注目を集めている、この新幹線。話題になっているのは、色だけではありません!

世界最速の美術館

現美新幹線は、移動しながら現代アートを鑑賞する、というコンセプトで作られた列車。6両編成の全車両に、絵画や彫刻、写真などが展示されています。

アートユニット・paramodelや写真家・石川直樹さん、アーティスト・荒神明香さんなど、7組のアーティストの作品が展示され、異なったジャンルのアートを楽しむことができます。

また、外観は写真家・蜷川実花さんのデザインを採用。新潟・長岡市の花火大会をイメージして作られています。

何時から乗れるの!?

現美新幹線は、足湯などを備えた「とれいゆ つばさ」と同じように、「E3系」を大幅に改造した車両。

片側の窓は埋め込まれているため、大きなスペースを使ってアートを展示することもできるようです。

気になる運用は、2016年の春から上越新幹線の越後湯沢~新潟間を中心に臨時列車として運転。土日など休日を中心に、年間120日程度の運行を予定しているようです。

詳しい日付は発表されていませんが、今から現美新幹線に乗るのが楽しみですね。

出典
JR東日本 GENBI SHINKANSEN現代アートを鑑賞できる観光列車「GENBI SHINKANSEN」@sarinon318

この記事を友だちにシェアしよう

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

注目記事

あわせて読みたい

新着記事

おすすめ記事










週間アクセスランキング TOP10











気になるしゃべりを掘りおこす「しゃベル」ニッポン放送
PageTop